コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

査慎行 さしんこう Zha Shen-xing

3件 の用語解説(査慎行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

査慎行
さしんこう
Zha Shen-xing

[生]順治7(1650)
[没]雍正5(1727)
中国,清の詩人。浙江省海寧の人。字,悔余。号,初白。康煕 42 (1703) 年進士に及第,翰林院編修となったが,官僚生活が肌に合わず同 52年辞職して故郷に帰り,田園生活を楽しんだ。生涯をかけて『東坡先生編年詩』を纂修し,それに注をつけたほど蘇軾に傾倒し,典故や修辞にあまり意を用いずに自然の妙趣を得る詩風を主張して,風景や旅情をうたった清新な佳編をつくり,王士禎と詩名を競うとともに,以後宋詩の風が流行するもとをつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さしんこう【査慎行 Zhā Shèn xíng】

1650‐1727
中国,清代前期の詩人。浙江省海寧の出身。1689年(康熙28)朝廷の忌日に洪昇《長生殿》観劇のかどで譴責され,嗣璉を改め慎行とした。字は悔余,号は初白。黄宗羲は哲学上の師,朱彝尊(しゆいそん)は文学上の先輩。詩人としての知名度をかわれ,1702年に翰林院に抜擢,翌年に進士,以後10年間康熙帝に伺候した。詩はすべてで5000余首,なかでも,退官後の26年(雍正4),弟査嗣庭の〈文字の獄〉に連座,出頭・下獄したときの150首には平明なうちにも緊迫感がみなぎる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

査慎行
さしんこう
(1650―1727)

中国、清(しん)代初期の詩人。字(あざな)は悔余(かいよ)、号は初白(しょはく)。浙江(せっこう)省海寧県の人。原名を嗣(しれん)、字を夏重(かじゅう)といったが、1689年(康煕28)不敬罪に連座して改名。1703年に進士に及第、翰林院(かんりんいん)侍講を最終官として13年に引退したあと、ほぼ郷里で過ごすが、最晩年、弟嗣庭(してい)の不敬罪のために投獄され、翌年出獄後まもなく没した。その活躍の時期は聖祖の康煕(こうき)年間(1662~1722)で、勅撰の『佩文斎詠物詩選(はいぶんさいえいぶつしせん)』『佩文韻府(はいぶんいんぷ)』の編纂(へんさん)に参加した。彼は宋詩(そうし)、とりわけ蘇軾(そしょく)の詩に多くを学び、『補注東坡(とうば)先生編年詩』(略称『蘇詩補注』)50巻の労作がある。詩風は自然の趣(おもむき)を尊ぶ穏やかな味わいに特色を示し、宋詩尊重派の代表と目されている。『敬業堂(けいぎょうどう)詩集』50巻・続集6巻がある。[佐藤 保]
『近藤光男著『漢詩大系22 清詩選』(1967・集英社) ▽「査初白」(『吉川幸次郎全集16』所収・1970・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

査慎行の関連キーワード一般項エヌ没・歿勃・歿・没阪本順治三角数Diaz de la Peña,N.《雍正会典》《雍正硃批諭旨》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone