コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

校倉造り あぜくらづくり

大辞林 第三版の解説

あぜくらづくり【校倉造り】

校倉に用いられるような建築様式。世界各地に古くからみられ、日本では断面が三角形の木材を平らな面を内側にして積み上げる方法が発達。多くは古代に倉として建てられ、東大寺正倉院や唐招提寺経蔵などが現存する。井楼せいろう組。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

あぜくらづくり【校倉造り】

柱を用いず、木材井桁(いげた)に組み上げて壁とした構造の建物。日本では弥生時代ごろから倉庫などに用いられた。奈良時代に建てられた東大寺正倉院は、現存する代表的な建物。同じような工法は、中国・北欧・ロシアなど木材の豊富な地域でみられる。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

校倉造りの関連キーワードペタヤヴェシの古い教会ログハウス建築様式三角形校倉

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android