コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

校倉造り あぜくらづくり

2件 の用語解説(校倉造りの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

あぜくらづくり【校倉造り】

校倉に用いられるような建築様式。世界各地に古くからみられ、日本では断面が三角形の木材を平らな面を内側にして積み上げる方法が発達。多くは古代に倉として建てられ、東大寺正倉院や唐招提寺経蔵などが現存する。井楼せいろう組。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

あぜくらづくり【校倉造り】

柱を用いず、木材を井桁(いげた)に組み上げて壁とした構造の建物。日本では弥生時代ごろから倉庫などに用いられた。奈良時代に建てられた東大寺正倉院は、現存する代表的な建物。同じような工法は、中国・北欧・ロシアなど木材の豊富な地域でみられる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

校倉造りの関連キーワード板倉組入れ天井格天井井桁瑟瑟座井楼井楼組井桁三鯖の尾