コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜山茲俊 さくらやまこれとし

4件 の用語解説(桜山茲俊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜山茲俊
さくらやまこれとし

[生]?
[没]元弘2=正慶1(1332).1.21. 備後
鎌倉時代末期,備後国の武将。元弘1=元徳3 (1331) 年楠木正成に呼応して備後国一宮で討幕の兵をあげたが,笠置が陥落し,正成が自刃したという噂に軍勢が離散したため,妻子を殺し郎党 23人とともに自害。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜山茲俊 さくらやま-これとし

?-1332 鎌倉時代の武将。
備後(びんご)(広島県)の人。楠木正成(くすのき-まさしげ)の挙兵に呼応し備後の吉備津(きびつ)神社で蜂起(ほうき)。笠置(かさぎ)落城,後醍醐(ごだいご)天皇捕縛をきき,軍勢が離散したため,一族郎党とともに元徳4=元弘(げんこう)2年1月21日吉備津神社で自刃(じじん)。のち同地に桜山神社がたてられた。通称は四郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

桜山茲俊

没年:正慶1/元弘2?(1332)
生年:生年不詳
『太平記』に出てくる鎌倉時代末期の備後国(広島県)の勤王武将。四郎入道。茲俊の名は金勝院本による。元弘1(1331)年8月後醍醐天皇が笠置寺にたてこもり鎌倉幕府との戦いを始めると,備後一宮に拠って応じたが,翌年笠置の陥落を聞き,一宮に火をかけ,妻子一族郎党と共に自害した。

(森茂暁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜山茲俊
さくらやまこれとし
(?―1332)

鎌倉後期の武将。名は四郎入道。備後国(びんごのくに)一宮(いちのみや)吉備津(きびつ)神社(広島県福山市新市(しんいち)町宮内(みやうち))の神官である宮氏の一族として、近隣の桜山に本拠をもった。1331年(元弘1)元弘(げんこう)の変における楠木正成(くすのきまさしげ)の挙兵に応じて、神社の南側丘陵上に築城し、700余名の兵とともに立てこもった。一時は備後のみならず備中(びっちゅう)、安芸(あき)へも進出しようとする勢いであったが、笠置(かさぎ)落城、後醍醐(ごだいご)天皇捕縛の風聞を聞くに及んで軍勢は離散、翌32年、一族20名とともに吉備津神社に参り、妻子を刺殺、社殿に火をかけ自刃した。現在神社周辺は「一宮(桜山茲俊挙兵伝説地)」として国指定史跡。[小林一岳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜山茲俊の関連キーワード小山朝長駒井信盛助国善康長長井貞重長井泰重二階堂貞衡二階堂行頼(1)村山義信若菜五郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone