梶取(読み)かじとり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梶取
かじとり

平安時代末期から中世を通じて,荘園年貢米を領主のもとに船で運搬する際の責任者。一種の荘官身分で,荘園領主から給田を支給され,水夫 (かこ) を指揮して年貢輸送の全責任を負った。のち,荘園領主から独立し,問丸 (といまる) に転身した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

梶取【かじとり】

〈かんどり〉ともいう。船の長として舵をとって漕いだものの称で,のちの船頭に連なる。古代律令制下では調など貢納物の輸送に民間の海人や漁民を雇用して梶取とする例が多かった。律令制が衰退し,荘園の年貢・公事物などを船で運搬することが多くなると,荘官名主(みょうしゅ)などに給田を支給して梶取とし,輸送の全責任を負わせることが増えていった。荘園領主の支配と無関係の独立した梶取も少なくなかったが,荘園の名主的梶取も他荘の年貢輸送を引き受けたり,私的な商行為を行ったりして,徐々に独立性を高め,より大規模な流通業者として成長していった。
→関連項目水手鹿田荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かじとり【梶取】

古代から中世に,一船の長として船の舵をとって漕いだものの呼称で,のちの船頭に連なる。古くは挟杪,柁師などとも書いた。律令制下,調・庸・舂米(しようまい)など国家貢納物の輸送には,民間の海人や漁民を徭役あるいは雇用して,梶取とすることが多かった。律令制が衰退して荘園年貢の輸送が盛んになると,水域に臨む荘園では荘官や名主などに一定の給免田を給与して梶取とし,輸送の全責任を負わせる場合が多かった。もともと荘園領主の支配外の独立した梶取も少なくなかったが,荘園の名主的梶取も,自荘に輸送の便宜を持たない他の内陸荘園の年貢輸送を引き受けたり,自己の私物を船に積んで商行為を行ったりして,しだいに独立・成長を遂げた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の梶取の言及

【船所】より

…戦時には軍船の徴用も行う。具体例は乏しく,1185年(文治1)周防在庁〈船所五郎正利〉が当国船奉行として源義経の壇ノ浦攻略に数十艘の船を提供したこと,1203年(建仁3)紀伊〈船所書生幷梶取〉が後鳥羽院の熊野御幸渡船料と号して諸国運上物を載せた河船を切り損じたことがみえ,また安芸・隠岐に船所の存在が確認される。なお周防国衙跡に船所の字名が残る。…

※「梶取」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梶取の関連情報