コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みなと

百科事典マイペディアの解説

湊【みなと】

水上交通や漁業などのための船舶が碇泊する交通の要地。《古事記》《日本書紀》に〈水戸〉〈水門〉とみえ,元来は海・川・湖などの水の出入り口,または海流河流や潮の干満などによってそこに形成された入江内湖・潟・砂州(さす)・砂嘴(さし)などの地形をさしたが,転じてその地形を利用してつくられた港湾をいう。
→関連項目直江津

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなと【湊】

《古事記》《日本書紀》に現れる水戸,水門という表記が古い。本来はこの表記が示すように,川と海・湖の間で水の出入りする場,あるいは海流,河流,潮の干満の力などによってそこに形成された入江,内湖,潟,砂州(さす),砂嘴(さし)などからなる海浜地形をさすが,転じてその地形を利用してつくられた湾をいう。九頭竜川河口の三国(みくに)湊,紀ノ川河口の紀伊湊(きのみなと),伊勢国宮川河口の大湊など,重要港湾として古くより著名なものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


みなと

千葉県南西部、富津(ふっつ)市の中心集落。旧湊町。湊川河口部に位置する。湊川はかつて房総(ぼうそう)丘陵の農山村の物資を輸送するのに利用され、上総(かずさ)湊港が栄え、現在も商店街が形成され、金融機関などがある。沿岸漁業が行われるほか、夏には海水浴場も開かれる。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【港湾】より

…船を安全に出入り,停泊させ人や貨物などの水陸輸送の転換を行う機能をもつ沿岸域の空間。日本では古来,(つ),(みなと),(とまり)などと称していた。これらの語に代わって新たに港湾ということばがつくられ用いられるようになったのは明治になってからである。…

※「湊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湊の関連キーワード福岡県遠賀郡芦屋町船頭町茨城県ひたちなか市湊中央吉右衛門(本湊焼,4代)吉右衛門(本湊焼,6代)吉右衛門(本湊焼,5代)吉右衛門(本湊焼,7代)新潟県新潟市中央区稲荷町吉右衛門(本湊焼,3代)秋田県秋田市土崎港中央十三湊(とさみなと)滋賀県米原市朝妻筑摩神奈川県茅ヶ崎市柳島仮面ライダーマリカ仮面ライダーアクア宮崎県串間市本城愛知県豊橋市湊町兵庫県洲本市由良大野荘(石川)さよならの空吉兵衛(2)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湊の関連情報