コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 みなと

7件 の用語解説(湊の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

湊【みなと】

水上交通や漁業などのための船舶が碇泊する交通の要地。《古事記》《日本書紀》に〈水戸〉〈水門〉とみえ,元来は海・川・湖などの水の出入り口,または海流・河流や潮の干満などによってそこに形成された入江・内湖・潟・砂州(さす)・砂嘴(さし)などの地形をさしたが,転じてその地形を利用してつくられた港湾をいう。
→関連項目直江津

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みなと【湊】

《古事記》《日本書紀》に現れる水戸,水門という表記が古い。本来はこの表記が示すように,川と海・湖の間で水の出入りする場,あるいは海流,河流,潮の干満の力などによってそこに形成された入江,内湖,潟,砂州(さす),砂嘴(さし)などからなる海浜地形をさすが,転じてその地形を利用してつくられた港湾をいう。九頭竜川河口の三国(みくに)湊紀ノ川河口の紀伊湊(きのみなと),伊勢国宮川河口の大湊など,重要港湾として古くより著名なものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


みなと

千葉県南西部、富津(ふっつ)市の中心集落。旧湊町。湊川河口部に位置する。湊川はかつて房総(ぼうそう)丘陵の農山村の物資を輸送するのに利用され、上総(かずさ)湊港が栄え、現在も商店街が形成され、金融機関などがある。沿岸漁業が行われるほか、夏には海水浴場も開かれる。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【港湾】より

…船を安全に出入り,停泊させ人や貨物などの水陸輸送の転換を行う機能をもつ沿岸域の空間。日本では古来,(つ),(みなと),(とまり)などと称していた。これらの語に代わって新たに港湾ということばがつくられ用いられるようになったのは明治になってからである。…

※「湊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湊の関連キーワード日本神話記紀神典水門・水戸古訓古事記三部本書神武東征伝説五百城入姫皇女大直日神《古事記及日本書紀の研究》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湊の関連情報