(読み)みなと

百科事典マイペディアの解説

湊【みなと】

水上交通や漁業などのための船舶が碇泊する交通の要地。《古事記》《日本書紀》に〈水戸〉〈水門〉とみえ,元来は海・川・湖などの水の出入り口,または海流・河流や潮の干満などによってそこに形成された入江・内湖・砂州(さす)・砂嘴(さし)などの地形をさしたが,転じてその地形を利用してつくられた港湾をいう。古くは(とまり)とよばれることが多く,古代末期以降たんなる船着場から都市的要素をもった湊となっていったとみられる。湊には梶取(かじとり)・船頭が集住し,陸送のため馬借(ばしゃく)なども存在した。またが立ったり,問丸(といまる)が置かれる場合もあった。代表的なものとして泉州堺,瀬戸内海の兵庫・室津・牛窓・鞆(とも)・尾道・赤間関(あかまがせき),九州の博多・長崎・坊津(ぼうのつ),日本海の小浜(おばま)・敦賀(つるが),伊勢の桑名などのほか,琵琶湖の大津,淀川の鳥羽(とば)・淀などがある。近世に入ると,幕府・諸藩は蔵米の回送などのため湊の造成に取り組み,また西廻海運東廻海運の発達により奥羽地方の湊も整備されていった。→港町
→関連項目直江津

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなと【湊】

《古事記》《日本書紀》に現れる水戸,水門という表記が古い。本来はこの表記が示すように,川と海・湖の間で水の出入りする場,あるいは海流,河流,潮の干満の力などによってそこに形成された入江,内湖,潟,砂州(さす),砂嘴(さし)などからなる海浜地形をさすが,転じてその地形を利用してつくられた湾をいう。九頭竜川河口の三国(みくに)湊,紀ノ川河口の紀伊湊(きのみなと),伊勢国宮川河口の大湊など,重要港湾として古くより著名なものが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


みなと

千葉県南西部、富津(ふっつし)の中心集落。旧湊町。湊川河口部に位置する。湊川はかつて房総(ぼうそう)丘陵の農山村の物資を輸送するのに利用され、上総湊港(かずさみなとこう)が栄え、現在も商店街が形成され、金融機関などがある。沿岸漁業が行われるほか、夏には海水浴場も開かれる。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【港湾】より

…船を安全に出入り,停泊させ人や貨物などの水陸輸送の転換を行う機能をもつ沿岸域の空間。日本では古来,(つ),(みなと),(とまり)などと称していた。これらの語に代わって新たに港湾ということばがつくられ用いられるようになったのは明治になってからである。…

※「湊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湊の関連情報