コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森田恒友 もりた つねとも

5件 の用語解説(森田恒友の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

森田恒友

洋画家。埼玉県生。東美校入学前より小山正太郎の不同舎に学ぶ。山本鼎・石井柏亭らと美術誌「方寸」を創刊する。第1回文展に入選、また太平洋画会にも発表する。二科会会員・日本美術院洋画部同人となるが、のち脱退し春陽会を設立。利根川添いの平野を題材に水墨画も多く描き、洋画の上に日本的情感を表現した。昭和8年(1933)歿、53才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

森田恒友【もりたつねとも】

洋画家。埼玉県生れ。上京して小山正太郎の不同舎に入り,のち東京美術学校に学んだ。1914年―1915年渡仏し,帰国後セザンヌの影響濃い作品を二科展院展に出品,1922年木村荘八小杉未醒らと春陽会を設立。
→関連項目小川芋銭山本鼎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森田恒友 もりた-つねとも

1881-1933 明治-昭和時代前期の洋画家。
明治14年4月9日生まれ。40年山本鼎(かなえ)らと雑誌「方寸」を創刊,翌年パンの会同人。大正3年渡仏,帰国後は日本美術院同人をへて11年春陽会を結成。水墨の田園風景画でも知られる。昭和4年帝国美術学校(現武蔵野美大)教授。昭和8年4月8日死去。53歳。埼玉県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森田恒友
もりたつねとも

[生]1881.4.9. 埼玉,大里
[没]1933.4.8. 千葉
洋画家。小山正太郎,中村不折に師事したのち,1906年東京美術学校西洋画科卒業。 07年美術雑誌『方寸』を石井柏亭,山本鼎らと創刊。 14~15年フランスに留学。 15年二科会会員,再興日本美術院西洋画部同人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森田恒友
もりたつねとも
(1881―1933)

洋画家。埼玉県生まれ。1901年(明治34)画家を志して上京し、小山(こやま)正太郎の不同舎に学ぶ。06年東京美術学校西洋画科を卒業し、翌年山本鼎(かなえ)、石井柏亭(はくてい)らと美術雑誌『方寸』を創刊、この年第1回文展に出品する。また「パンの会」の創始に参加した。14年(大正3)から翌年にかけて渡欧してセザンヌの影響を受け、帰国後『城址(じょうし)』などを発表する。二科会会員、日本美術院洋画部同人となるが、やがて両方とも退会し、22年に同志とともに春陽会を創立した。29年(昭和4)帝国美術学校の創設に際し、洋画科主任教授となる。詩趣に富む水墨風景画で知られる。『恒友画談』そのほかの著書がある。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の森田恒友の言及

【明治・大正時代美術】より

…文展を離れて闘うことになったこの青年画家たちが,京都画壇に与えた刺激は小さなものではなく,彼らの出現によって栖鳳以降にきざしていた京都画壇の近代化への脱皮をうながすことになった。 20年の第7回院展後,日本画部との感情的対立から日本美術院洋画部を解散した小杉放庵,森田恒友(つねとも)(1881‐1933),山本鼎(かなえ)(1882‐1946),倉田白羊(1881‐1938),足立源一郎(1889‐1973)らは,梅原竜三郎を加えて,22年春陽会を結成する。ほかに客員として,岸田劉生,木村荘八,中川一政,椿貞雄の草土社勢,院展系の石井鶴三,今関啓司,山崎省三,それに万鉄五郎が迎えられた。…

※「森田恒友」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

森田恒友の関連キーワード井伊直忠織田東禹小野重行迎田秋悦小林郁桜井忠胤高村謹一能村磐夫福富正男松山茂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森田恒友の関連情報