森蘭丸(読み)もり・らんまる

朝日日本歴史人物事典「森蘭丸」の解説

森蘭丸

没年:天正10.6.7(1582.6.26)
生年:永禄8?(1565)
織田信長の近習。可成の3男。母は林通安の娘,妙向尼。長可の,忠政の兄。美濃国(岐阜県)金山に生まれる。幼少より信長近侍寵愛された。『信長公記』などには天正7(1579)年ごろより,信長が家臣などに褒賞を与える際の取り次ぎ役として現れ,奏者として重用されていたことがうかがわれる。実名については『寛政重修諸家譜』などから,信長の諱の1字をもらい長定と名乗っていたとする説もあるが,『金剛寺文書』に残る書状には「乱成利」とあり成利が正しい。また同書状が信長黒印状の添状であったことから,その加判奉行をも務めていたことがわかる。同9年4月20日近江に500石を与えられ,同10年3月,武田氏の滅亡後は美濃金山5万石を与えられた。同年6月本能寺の変に際しては槍をとって防戦に当たり,弟坊丸・力丸と共に信長に殉じた。18歳という。<参考文献>奥野高広『新訂増補/織田信長文書の研究』

(長谷川弘道)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「森蘭丸」の解説

森蘭丸
もりらんまる
(1565―1582)

安土(あづち)桃山時代の武士。実名は成利(なりとし)。一説に長定(ながさだ)。美濃(みの)国(岐阜県)可児(かに)郡金山(かねやま)城主森可成(よしなり)の三男。15歳で織田信長に仕え小姓(こしょう)となり、奏者(そうじゃ)や奉行(ぶぎょう)を勤めた。才気あり言語動作がりっぱだったので信長に寵愛(ちょうあい)された。1582年(天正10)3月武田氏滅亡ののち恵那(えな)郡岩村(いわむら)城を与えられたが、同年6月2日本能寺(ほんのうじ)の変で弟坊丸(ぼうまる)・力丸(りきまる)とともに信長に殉じた。18歳。墓は京都阿弥陀(あみだ)寺にある。信長の切った爪(つめ)が一指分足りないと捜した話など、奉公ぶりを称賛された逸話が多い。兄長可(ながよし)は84年長久手(ながくて)の戦いで戦死(27歳)、末弟忠政(ただまさ)はのち美作(みまさか)(岡山県)津山(つやま)藩祖となった。

[渡辺江美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「森蘭丸」の解説

森蘭丸 もり-らんまる

1565-1582 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)8年生まれ。森可成(よしなり)の3男。美濃(みの)(岐阜県)金山出身。織田信長につかえ,小姓として近侍。武田氏滅亡後は美濃岩村城5万石を領した。天正(てんしょう)10年6月2日本能寺で弟の坊丸,力丸とともに奮戦,明智光秀の臣安田国継に討ちとられた。18歳。名は成利または長定。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「森蘭丸」の解説

森蘭丸
もりらんまる

[生]永禄8(1565).尾張
[没]天正10(1582).6.2. 京都
安土桃山時代の武将。織田信長の近侍。可成の子。名,長定。長可の弟。信長に仕え,重用され美濃岩村5万石を領し,奏者,奉行をつとめた。天正 10 (1582) 年信長に近侍して本能寺に宿泊中,明智光秀の謀反にあって戦死。 (→本能寺の変 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「森蘭丸」の解説

森蘭丸【もりらんまる】

織田信長侍臣。森可成(よしなり)の三男。15歳で信長に仕えて小姓となり,寵愛(ちょうあい)された。のち次第に重用されて奏者(そうしゃ)や奉行を勤め,1582年には美濃岩村5万石を与えられ,さらに1万石加増された。本能寺の変に際し,弟の坊丸,力丸とともに信長の側近として奮戦し討死した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「森蘭丸」の解説

森蘭丸
もりらんまる

1565〜82
安土桃山時代の武士で,織田信長の近臣
美濃(岐阜県)の人。幼少より信長の小姓となり寵をうけた。1582年美濃岩村に5万石,のちさらに1万石を加増されたが,本能寺の変のとき,弟の坊丸・力丸とともに力戦奮闘して戦死した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「森蘭丸」の解説

もり‐らんまる【森蘭丸】

安土桃山時代の武将。美濃国(岐阜県)の人。名は長定。成利とも。織田信長に小姓として仕え、その才能を愛されて美濃岩村五万石を与えられた。本能寺の変で戦死。永祿八~天正一〇年(一五六五‐八二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「森蘭丸」の解説

もりらんまる【森蘭丸】

1565‐82(永禄8‐天正10)
織田信長の近臣。名は成利,系譜では長定。乱法師と称する。森可成の三男。幼年から信長に仕え,その才幹を愛されてつねに側近にあり,長谷川お竹等とともに奏者として活動し,1581年(天正9)近江の内で500石,翌年美濃岩村5万石を与えられた。本能寺の変で弟の坊丸(17歳),力丸(16歳)とともに奮戦のすえ戦死した。【岩沢 愿彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android