コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実検 ジッケン

デジタル大辞泉の解説

じっ‐けん【実検】

[名](スル)ある事柄が事実かどうか、また本物かどうかを実地に調べること。「首実検

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じっけん【実検】

物事の実情を取り調べ確認すること。(1)朝廷の儀式で必要な人物,場所,器物などを確認すること。(2)武家で合戦の際,大将,主人が部下の取った敵の首級分することで,《日葡辞書》はこの意味のみを載せる(首実検)。また戦功上申で負傷の申立てがあったとき,使節を派して確認すること(疵実検)。(3)鎌倉幕府境相論=境界争いの訴訟があったとき,裁判所側から使節を派遣して実情を調査すること。これは証拠調べであり,一般には証拠は当事者の提出によるが,境相論に限って裁判所側が職権で実検を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じっけん【実検】

( 名 ) スル
本当かどうかを吟味すること。 「首-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

実検の関連キーワード首・頸・頚・領・襟質問応答システム近江源氏先陣館関ヶ原古戦場見知・検知安東忠家仮説検証小原桃洞実検の間情け無い盛綱陣屋稲葉正邦小石元俊成瀬正肥荘園絵図情報検索寺子屋西大寺倉見荘大野荘

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実検の関連情報