(読み)まぐさ

日本大百科全書(ニッポニカ)「楣」の解説


まぐさ

建物の出入口や窓の上部に取り付けた横木。両側のに大入(おおい)れ、または枘(ほぞ)差しにして上部の小壁を受け、上からの荷重を支える役目をする。下端に樋端(ひばた)がつく溝のあるものを鴨居(かもい)とよび、溝のない横架材を無目(むめ)という。門の場合は扉のそばにつくが、同じく扉下の足元の横材は蹴放(けはなし)とよぶ。また窓の場合は下の横材を窓台(まどだい)という。石造やれんが造などの組積造(そせきぞう)の建物では、出入口や窓の上部をアーチとするが、上部に水平に単一石材を入れることもあり、それを楣石という。

[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「楣」の解説

ま‐ぐさ【楣】

〘名〙 窓や出入口の上に水平に渡した横木。
正倉院文書‐天平宝字六年(762)正月三〇日・山作所作物雑工散役帳「扇二枚(各長九尺 広一尺六寸 厚三寸)〈略〉鼠走二枚(各長一丈 広五寸 厚二寸半)目草二枚(各長一丈 広五寸 厚二寸半)已上四物作功一人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「楣」の解説

まぐさ【楣 lintel】

窓や入口など建物開口部の上部の横木,広くは柱や壁の間に架け渡された横架材を指す。またこうした水平材と柱とを主体とする構造方式を,アーチを用いる組積造に対し,楣式構造trabeated constructionと呼ぶ。ただし横架材のうちでも,水平力をうけ持ち骨組みの一部として働くものを(はり),水平力を考慮せず垂直荷重をうけるだけのものを楣として区別することがあり,柱・梁による構造のほうはラーメン構造,そうではない単純な積み木的なものを柱・楣構造post‐lintel constructionと呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android