コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横田[町] よこた

百科事典マイペディアの解説

横田[町]【よこた】

島根県東部,斐伊(ひい)川上流部を占める仁多(にた)郡の旧町。古くから仁多町とともに和牛飼育が盛んで,中心の横田は牛市で知られる。明治初期まで砂鉄採取による製鉄が盛んであった。特産には雲州そろばんがある。南の岡山県境一帯は比婆道後帝釈(ひばどうごたいしゃく)国定公園に属する。2005年3月仁多郡仁多町と合併し町制奥出雲市となる。189.42km2。7972人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よこた【横田[町]】

島根県東部,仁多郡の町。人口8411(1995)。中国山地に位置し,斐伊(ひい)川上流域を占め,東は鳥取県,南は広島県に接する。斐伊川の支流下横田川に沿ってJR木次(きすき)線と国道314号線が走る。山間の高冷地のため,農業は畜産,野菜や果樹の栽培が主であり,特産に仁多牛,仁多米がある。また幕末から作られている雲州そろばんは,播州そろばん(兵庫県小野市)と並んで全国に知られている。明治初期まで砂鉄採取によるたたら製鉄が盛んに行われ,鉄穴(かんな)流しの跡の平たん地は水田化されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の横田[町]の言及

【横田荘】より

…出雲国仁多郡横田地域にあった中世荘園。平安末期,出雲八所八幡の一つとして設定された横田別宮およびその周辺が荘園として成立したもの。…

※「横田[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

横田[町]の関連キーワード比婆道後帝釈国定公園国定公園

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android