金鈴塚古墳(読み)キンレイヅカコフン

世界大百科事典 第2版の解説

千葉県木更津市長須賀に所在する前方後円墳で,小櫃川下流左岸の沖積地に築成された古墳群の一つ。本来は全長95m,後円部径55m,高さ6m,前方部幅72mと推定されるが,墳丘はほとんど失われている。わずかに残る後円部には全長約10mの無袖形横穴式石室があり,そこを1950年に千葉県史蹟調査委員会が調査した。6世紀末から7世紀前葉にかけての組合せ式石棺と,石室奥,羨道に3体の追葬を確認し,それに伴う豊富な副葬品の存在を明らかにした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

千葉県木更津市にある前方後円墳。全長約95メートル。横穴式石室の中に箱式石棺を納める。副葬品は武具・馬具・金鈴・大刀など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千葉県木更津(きさらづ)市長須賀(ながすか)の沖積地にある前方後円墳。古墳時代後期後半に属する。1950年(昭和25)早稲田(わせだ)大学により調査が行われた。墳丘は後円部の大半と前方部の一部を残すのみであったが、原形は三段築成で全長95メートル、後円部径55メートル、前方部幅72メートル。後円部に凝灰岩切石積(きりいしづみ)の袖無型横穴式石室があり、ほぼ中央部に緑泥片岩の組合せ式箱形石棺がある。副葬品には、本古墳の名称を二子塚(ふたごづか)から金鈴塚に改称させる因となった金鈴5個をはじめ、鏡、銅鋺(どうわん)、大刀、刀子(とうす)、鉄鏃(てつぞく)、玉類、金糸銀糸金製歩揺、金銅製飾金具、衝角付冑(しょうかくつきかぶと)、挂甲(けいこう)、金銅製馬具類、馬鐸(ばたく)、須恵器(すえき)、土師器(はじき)など多数がある。大刀には環頭、圭頭(けいとう)、円頭、頭椎(かぶつち)、鳥首、方頭の各形式のものを含む。副葬品は、木更津市太田山(おおだやま)公園中腹の県立上総(かずさ)博物館と金鈴塚遺物保存館に分けて陳列されている。[久保哲三]
『滝口宏他著『上総金鈴塚古墳』(1952・早稲田大学考古学研究室)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 千葉県木更津市長須賀にある古墳後期の前方後円墳。昭和二五年(一九五〇)発掘。横穴式石室から純金の小鈴五個ほか多量の金銀製品が出土。特に環頭、円頭、圭頭、頭槌(かぶつち)、鳥首、方頭などの各種の大刀があった。
[二] 朝鮮半島慶尚北道慶州邑路東里にある三国時代新羅の古墳。一九二四年発掘。木室内から金銀珠玉の装身具、土器漆器、ガラス碗(わん)などを出土。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金鈴塚古墳の関連情報