コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹原古墳 たけはらこふん

5件 の用語解説(竹原古墳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹原古墳
たけはらこふん

福岡県宮若市竹原の丘陵上にある円墳。複室の横穴式石室があり,その主室の奥壁と前室の壁に壁画がある。特に主室の奥壁のものは黒,赤の2色で描かれ,中央の下部に波を,上部に馬を引いた人物,怪獣,舟を,さらに両側にを配してある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

竹原古墳【たけはらこふん】

福岡県宮若市竹原にある6世紀後半の円墳(史跡)。直径18m。主体部は前室をもつ横穴式石室で,前室と主室の奥壁に赤,黒2色で描かれた壁画がある。主室の壁画は方1mの部分に人物,翳(さしば),波形文などを描いたもので,人物描写,構図ともにすぐれた装飾古墳の壁画の代表例。
→関連項目若宮[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たけはらこふん【竹原古墳】

福岡県宮若市にある六世紀後半の装飾古墳。全長30メートルの前方後円墳ないし円墳。横穴式石室にさしば・馬・人・舟の彩画がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

たけはらこふん【竹原古墳】


福岡県宮若市竹原諏訪神社境内にある6世紀後半の古墳。高句麗(こうくり)の影響が認められる彩色壁画で名高い。1957年(昭和32)に国の史跡に指定された。古墳は基底径約18m、高さ約6mの円墳とみなされ、南面して横穴式石室があり、羨道(せんどう)の一部は失っているが、前室と後室をそなえている。側壁は割り石を積んで築かれ、後室は長さ約2.7m、幅約2.2m、高さ約3m、前室は長さ約1.2m、幅約1.6m、高さ約2.2mである。壁画は奥壁の高さ約1.5m、横幅約2mの巨大な一枚石と副室に通じる袖石に描かれている。黒と赤のはっきりした色彩で、奥壁には、左右に貴人の顔を隠すための翳(さしば)を配し、四神の一つである青龍といわれる龍、船、馬を曳く人物、三角連続文、波形文、小舟が力強く描かれている。左右袖石の玄武と朱雀は不明瞭。絵の解釈はさまざまで、四神思想、葬送儀礼の表現、騎馬民族到来などの説がある。石室内からは、副葬品として勾玉(まがたま)、ガラス丸玉、金環、馬具(轡(くつわ)・杏葉(ぎょうよう)・辻金具など)、武器(刀の鞘・鉄鏃(てつぞく))が出土している。JR筑豊本線ほか直方(のうがた)駅からジェイアールバス「福丸」下車、徒歩約15分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹原古墳
たけはらこふん

福岡県宮若(みやわか)市竹原の諏訪(すわ)神社内にある古墳。内部には南西に開口する横穴式石室をもっている。全長は6.7メートルで、主として花崗(かこう)岩の割石(わりいし)を用いた複室構造の石室である。壁画は前室奥壁、後室奥壁のみに認められ、装飾古墳のなかでも異色の図柄である。前室奥壁右側には黒と赤とで鳥を描いている。頭上に高く大きな弧を描いた尾羽の形は雄渾(ゆうこん)で朱雀(すじゃく)に似ている。左側のものは剥落(はくらく)が著しいが、玄武(げんぶ)を表しているとも考えられる。後室奥壁の壁画は他に例をみない独特の図柄である。一対の翳(さしば)が両端にあり、下端には波頭状の文様が表現されている。この間に怪獣と牽馬(けんば)の人物、二隻の船、旗指物(さしもの)状の連続三角形を描いているが、物語を表現しているかどうかは疑わしい。大陸壁画と共通する画材をみることのできる珍しい装飾古墳である。1957年(昭和32)国の史跡に指定された。[佐田 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の竹原古墳の言及

【装飾古墳】より

… 九州地方の装飾古墳のうち,横穴式石室に彩画を描いたもののなかには,明らかに大陸文化の影響をうけたと考えてよいものがある。福岡県珍敷塚(めずらしづか)古墳の壁画に,中国で月の表現として用いる蟾蜍(せんじよ)(ひきがえる)の図があることや,福岡県竹原(たけはら)古墳の壁画に,日本人の作品とは信じがたいほどの,力強い人馬の描法を見いだすことは,だれもが指摘するその実例である。そうして,日本に影響をあたえたものは,墓室の壁画に風俗画を用いる高句麗の風習であろうというのも,多くの学者の一致した見解である。…

※「竹原古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竹原古墳の関連キーワード福岡県宮若市稲光福岡県宮若市犬鳴福岡県宮若市上大隈福岡県宮若市下福岡県宮若市平福岡県宮若市高野福岡県宮若市竹原福岡県宮若市鶴田福岡県宮若市原田福岡県宮若市宮田

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竹原古墳の関連情報