横蔵寺(読み)おうぞうじ

精選版 日本国語大辞典の解説

おうぞう‐じ ワウザウ‥【横蔵寺】

岐阜県揖斐(いび)郡揖斐川(いびがわ)町谷汲神原にある天台宗の寺。山号は両界山。延暦二〇年(八〇一)最澄の開創と伝えられる。慶長一五年(一六一〇)徳川家康が再興。よこくらじ。よこくらでら。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の横蔵寺の言及

【谷汲[村]】より

…越美山地南端の山々に囲まれた根尾川沿いの低地にある。村内には延暦年間(782‐806)創建といわれる天台宗の華厳寺(谷汲観音),横蔵寺があり,早くから開けた。華厳寺は西国三十三所第33番札所で,笈摺(おいずる)を納める巡礼が訪れ,徳積地区に門前町が形成された。…

※「横蔵寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android