コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武家役 ブケヤク

世界大百科事典 第2版の解説

ぶけやく【武家役】

鎌倉・室町時代幕府が課した課役の総称。大きくわけて地頭・御家人等を対象とする課役と,諸国・荘園一般に対する課役とがある。前者は幕府の構成員である地頭・御家人・守護人等の奉仕としての側面をもつもので,戦時の軍役や平時の大番役から,さらに所領に対して課される関東公事(鎌倉時代),地頭御家人役,守護出銭(室町時代)があり,幕府御所の造営役といった臨時の課役もあった。後者は主として幕府が責任をもって造営や修理にあたる神社や寺院の修造費用のためのもので,段銭棟別銭(むなべちせん)等の形で賦課される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶけやく【武家役】

鎌倉・室町時代、幕府が家人や諸国に課した役。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android