コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武家役 ブケヤク

3件 の用語解説(武家役の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶけ‐やく【武家役】

中世、将軍が御家人・奉公衆に課した課役。番役・軍役のほか、段銭(たんせん)・棟別銭など出銭を課することもあった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶけやく【武家役】

鎌倉・室町時代に幕府が課した課役の総称。大きくわけて地頭・御家人等を対象とする課役と,諸国・荘園一般に対する課役とがある。前者は幕府の構成員である地頭・御家人・守護人等の奉仕としての側面をもつもので,戦時の軍役や平時の大番役から,さらに所領に対して課される関東公事(鎌倉時代),地頭御家人役守護出銭(室町時代)があり,幕府御所の造営役といった臨時の課役もあった。後者は主として幕府が責任をもって造営や修理にあたる神社や寺院の修造費用のためのもので,段銭棟別銭(むなべちせん)等の形で賦課される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶけやく【武家役】

鎌倉・室町時代、幕府が家人や諸国に課した役。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武家役の関連キーワード国役小札小普請金座役四季帳本役問注侍所沙汰篇守護領進士氏

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone