コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武蔵野大学 むさしのだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武蔵野大学
むさしのだいがく

私立大学。仏教系。1924年に築地本願寺の境内に高楠順次郎によって創設された武蔵野女子学院が起源。1927年に高等女学校の認可を受け,1929年保谷村(今日の武蔵野キャンパス所在地〈東京都西東京市〉)に移転。1949年,姉妹校の千代田女子専門学校を合併して,1950年に武蔵野女子短期大学となり,1965年これを基礎に 4年制の武蔵野女子大学として発足,文学部を置いた。1998年現代社会学部(2008政治経済学部,人間関係学部に改組),1999年人間関係学部を増設。2003年現校名に改称。2004年薬学部を増設し,男女共学となる。2006年看護学部,2008年政治経済学部,2009年環境学部(2015工学部に改組),2011年グローバル・コミュニケーション学部(2016グローバル学部に改組)と教育学部を増設。2012年人間関係学部を人間科学部に名称変更。同 2012年,江東区の有明キャンパス開設に伴い,大学本部および一部の学科,研究科が西東京市から移転した。2014年政治経済学部を改組して,法学部,経済学部を開設。2015年工学部,2016年グローバル学部を開設。1999年大学院を設置。仏教文化研究所,薬学研究所などを併設する。本部所在地は江東区。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むさしの‐だいがく【武蔵野大学】

東京都西東京市にある私立大学。昭和40年(1965)に武蔵野女子大学として開学。平成15年(2003)に現校名に改称。平成16年(2004)に男女共学校となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武蔵野大学
むさしのだいがく

私立。1924年(大正13)仏教学者高楠順次郎(たかくすじゅんじろう)が東京・築地本願寺(つきじほんがんじ)に創立した武蔵野女子学院が前身。「仏教精神を根幹として学識、品性ともにすぐれた人格の育成」を建学の精神とする。1965年(昭和40)武蔵野女子大学設置。当初は文学部のみの単科大学であったが、2010年(平成22)時点で、文学部、政治経済学部、人間関係学部、環境学部、薬学部、看護学部の6学部と大学院6研究科(人間社会、言語文化、政治経済学、環境学、薬科学、看護学)をもつ。2003年現名称に変更、翌2004年に男女共学となる。1950年設置の短期大学部は2003年に学生の募集を停止した。仏教文化研究所、能楽資料センター等の附属研究所がある。本部所在地は東京都西東京市新町1-1-20。[編集部]
『武蔵野女子学院編・刊『武蔵野女子学院五十年史』(1974)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

武蔵野大学の関連キーワード土岐善麿

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武蔵野大学の関連情報