コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿閣大学士 でんかくだいがくしdian-ge da-xue-shi; tien-ko ta-hsüeh-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

殿閣大学士
でんかくだいがくし
dian-ge da-xue-shi; tien-ko ta-hsüeh-shih

中国,宋代から代までの官名。唐の中宗のとき,修文館 (のちの弘文館) に大学士をおいたのが最初。宋代もこの制を受け,昭文館,集賢殿などの殿閣に大学士をおき,宰相がこれを兼ねることが多かった。,元も宋制にならったが,明になると大きな変化が生れた。明初の殿閣大学士は皇帝の単なる顧問で地位も低かったが,永楽帝内閣を設けて殿閣大学士を機務に参与させてから,これを内閣大学士と称して,実質上宰相の位置を占めるようになった。清も明制を踏襲したが,その品秩を高めて正一品とし,名実相伴うようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんかくだいがくし【殿閣大学士 diàn gé dà xué shì】

中国,宋代以後の官名。その起源はすでに唐代にみられる。宋代の殿閣は朝廷の蔵書庫で,殿閣の職を館職といい,宰相や有能な官吏にこれを兼任させて儲才の地とした。遼,金,元もおおむね宋制にならったが,明代にいたってとくに政治上重要な地位をしめるようになった。明の太祖は中書省を廃して政治を親裁したが,永楽帝のときには翰林院より数人を選び,これを文淵閣に入れて機務に参与させ,また大学士を兼任させた。これより内閣大学士の称がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

でんかくだいがくし【殿閣大学士】

中国、唐から明にいたる官名。初め朝廷の図書を収蔵する殿閣の官員で、宰相の兼任。明・清代には内閣大学士と称し、宰相の位置を占めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

殿閣大学士の関連キーワード殿閣学士官員

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android