(読み)ゴト

デジタル大辞泉の解説

ごと【毎】

[接尾](「ごとに」の形で用いられることが多い)名詞や動詞の連体形などに付いて、その事をするたびに、そのいずれもが、などの意を表す。…のたびに。どの…もみな。「年に」「会う人に」

まい【毎】

[接頭]繰り返される物事をいう名詞に付いて、そのたびごとの、の意を表す。「時間」「試合」

まい【毎】[漢字項目]

[音]マイ(呉) [訓]ごと
学習漢字]2年
そのたびごと。「毎回毎号毎週毎食毎度毎日毎年毎晩毎毎
[名のり]かず・つね
[難読]事毎(ことごと)に田毎(たごと)の月日毎(ひごと)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごって【毎】

( 接尾 )
〔「ごと」の転〕
名詞に付いて、そのそれぞれについて、の意を表す。ごと。 「家-に穴をあけておいて通用する/滑稽本・浮世風呂 4

ごと【毎】

( 接尾 )
名詞や動詞の連体形に付いて、…のたびに、どの…もみな、などの意を表す。 「月-の支払い」 「日-に」 「人-に」 「一雨降る-に暖かくなる」 〔「ごとに」の形で用いられることが多い〕

まい【毎】

( 接頭 )
名詞に付いて、それぞれの、そのたびごとの、の意を表す。 「 -日曜日」 「 -春はる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごって【毎】

〘接尾〙 (「ごと(毎)」の変化したもの)
名詞に付いて、そのそれぞれについて、の意を表わす。
※浄瑠璃・安倍宗任松浦簦(1737)一「彼方(あなた)の御病気はお客ごってに重うなる」
② 名詞に付いて、それを含めて全部の意を表わす。ごと。ぐるみ。
※滑稽本・素人狂言紋切形(1814)下「手ばかり貸されるもんぢゃアねえ、〈略〉骸(からだ)ごって貸しても能(よ)かんべいかね」

ごっとい【毎】

〘接尾〙 (「ごと(毎)」の変化したもの) 名詞や動詞の連体形などに付いて、「そのそれぞれについて」の意を表わす。ごって。
※かた言(1650)三「朝毎晩毎などを、朝ごっといばんごっとい」

ごと【毎】

〘接尾〙 名詞や動詞の連体形などに付いて、連用修飾語となる。助詞「に」を伴うことも多い。その物、またはその動作をするたびに、そのいずれもが、の意を表わす。…はみな。どの…も。…するたびに。
書紀(720)大化五年三月・歌謡「本(もと)渠等(ゴト)に 花は咲けども 何とかも 愛(うつく)し妹(いも)が また咲き出こぬ」
※竹取(9C末‐10C初)「我朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて知りぬ、子となり給ふべき人なめり」

まい【毎】

〘接頭〙 日時、また、くり返される物事を表わす名詞の上に付いて、くり返される(一つ一つの)すべての場合の意を表わす。ことごとに。そのたびごとの。
※濁った頭(1911)〈志賀直哉〉一「四五年間は毎日曜の説教会に出席して居ました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毎の関連情報