(読み)ススキ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

芒 (ススキ)

学名:Miscanthus sinensis
植物。イネ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

デジタル大辞泉の解説

のぎ【×芒】

稲や麦などイネ科植物で、花の外側の穎(えい)の先端にある針状の突起。分類上重要。
(「禾」とも書く)切り箔(はく)の一。金箔・銀箔を細く切ったもの。装飾経や絵巻の詞書(ことばがき)の下絵、装丁の装飾に用いる。

のげ【×芒/野毛】

のぎ」の音変化。

はしか【×芒】

稲・などの芒(のぎ)

ぼう【芒】[漢字項目]

[音]ボウ(バウ)(漢) [訓]のぎ すすき
稲などの穀物の実の先端にある針状の突起。のぎ。「芒種
物の細くとがった先端。「光芒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はしか【芒】

〘名〙 や麦などの果実の先にある針のような毛。のぎ。のげ。また、もみがら。〔文明本節用集(室町中)〕
※雑俳・替狂言(1702)「袖笠に払ひ兼たる麦はしか」

ぼう バウ【芒】

〘名〙
① =のぎ(芒)
② ひかり。①のような形をしている光の先端部分。
※平戸記‐延応二年(1240)正月二七日「今夜天顔快晴、妖星猶見、芒事外薄短」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芒の関連情報