(読み)ススキ

  • ×芒
  • ×芒/野毛
  • のぎ
  • のげ
  • はしか
  • ぼう
  • ぼう バウ
  • 漢字項目
  • 芒 (ススキ)

デジタル大辞泉の解説

稲や麦などイネ科植物で、花の外側の穎(えい)の先端にある針状の突起。分類上重要。
(「禾」とも書く)切り(はく)の一。金箔銀箔を細く切ったもの。装飾経絵巻詞書(ことばがき)の下絵装丁装飾に用いる。
[音]ボウ(バウ)(漢) [訓]のぎ すすき
稲などの穀物の実の先端にある針状の突起。のぎ。「芒種
物の細くとがった先端。「光芒
のぎ」の音変化。
稲・などの芒(のぎ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 稲や麦などの果実の先にある針のような毛。のぎ。のげ。また、もみがら。〔文明本節用集(室町中)〕
※雑俳・替狂言(1702)「袖笠に払ひ兼たる麦はしか」
〘名〙
① =のぎ(芒)
② ひかり。①のような形をしている光の先端部分。
※平戸記‐延応二年(1240)正月二七日「今夜天顔快晴、妖星猶見、芒事外薄短」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芒の関連情報