コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心掛け/心懸け ココロガケ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐がけ【心掛け/心懸け】

ふだんの心の持ち方。「―がよくない」「ふだんの―しだいである」
たしなみ。心得。
「有っても一向―のございません僕なんざ、…つい気がつかないで了います」〈鏡花婦系図
[用法]心がけ・心がまえ――「日ごろの心がけ(心構え)がものをいう」「そんな心がけ(心構え)では、行く末が思いやられる」など、心の持ち方の意では相通じて用いられる。◇「心がけ」は日常の心のあり方を指すことが多く、「こつこつ貯金するとは、いい心がけだ」「日ごろの心がけが悪い」などという。◇「心構え」は、ある事柄に対して心の準備をすることで、「老後の心構えをしておく」「親としての心構えを聞く」と用いる。◇類似の語に「気構え」がある。「リハーサルと本番とでは気構えが違う」「子供を育てながら働く気構えでいる」のように、はっきりとした意志や決意をともなった心の準備状態をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こころがけ【心掛け】

平素からの心の持ち方。 「ふだんの-がよくない」
こころえ。たしなみ。 「天平美術の-もある/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

心掛け/心懸けの関連キーワード三尺去って師の影を踏まずショーマンシップ心当て・心宛て不嗜み・無嗜みフラットターン豊竹筑前少掾パーフェクトいわいのふ健礒又右衛門裁判員制度君子の九思藤山一郎本多忠勝藤原咲平一人一人常住坐臥三井高利三浦命助上杉重定伊達秀宗

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android