コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰻池 うなぎいけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鰻池
うなぎいけ

鹿児島県南部,薩摩半島の南東端,指宿市にある湖。指宿カルデラの中に形成された鰻火山の火口湖で,面積 1.2km2,周囲 4.2km,最大水深 56.5m,水面標高 120m。湖岸は絶壁で流入河川はない。水温は付近の鰻温泉の影響もあり,最高 30℃に達する。冬季最低水温 9℃。1952年から山川町の上水道として送水。一部は人工水路により灌漑用水にも利用された。ウナギフナが生息する。鰻温泉は 100℃に近い高温泉で,硫化水素を含み,皮膚病,外傷によくきくといわれる。霧島錦江湾国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

鰻池【うなぎいけ】

鹿児島県薩摩半島南端,田湖の東にある火口湖。標高122m,面積1.20km2,最深55.8m,絶壁で囲まれる。中栄養湖でワカサギ養殖,灌漑(かんがい)用水にも利用。
→関連項目指宿[市]山川[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うなぎいけ【鰻池】

鹿児島県薩摩半島南東部にある火山性湖。池田湖の東隣にあり,同じく揖宿(いぶすきカルデラの内にある。周囲約4km,水面標高126m,最深61m。周囲は30~100mの急崖で囲まれた円形をなす。国道226号線から北に約2kmで交通はやや不便であるが,南薩観光ルートの重要な地点の一つ。コイ,フナ,ウナギなどが生息し,かつて1.5mもの大きなウナギがとれたので池の名がついたという。北東端に湯治専門の温泉(単純泉,52~90℃)があり,泉温が高いので住民の日常炊事に利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕鰻池(うなぎいけ)


鹿児島県薩摩(さつま)半島南部にある鰻火山の火口湖。高さ30~100mの火口壁に囲まれる。面積1.2km2。最大水深55.8m。北西に池田(いけだ)湖がある。オオウナギ・コイ・ワカサギなどが生息。北東岸にわく鰻温泉は泉熱が110℃に達するため、住民の炊事などに利用される。霧島屋久(きりしまやく)国立公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鰻池
うなぎいけ

鹿児島県薩摩(さつま)半島の南東端部にある火口湖。池田湖と並んで位置し、指宿(いぶすき)市に属する。鰻火山の火口湖で、火口壁は約100メートルの絶壁をなし、流入河川はない。長径1.3キロメートル、短径1キロメートル、周囲4.2キロメートル、面積1.2平方キロメートル。水面標高122メートル、最大水深55.8メートルで、火口湖としては深い。深水層の年間水温は10℃前後で、透明度は8.5メートル。富栄養型湖沼に分類され、湖にはコイ、フナ、オオウナギなどが生息している。昔1.5メートルもある鰻を釣り上げたことから、この名前が由来したという。北東端にある狭小な斜面には鰻温泉(硫黄泉)がある。この温泉は泉温が100℃近くあり、集落内各所の噴気は日常の炊事などに利用され、かまどの形をした設備をここでは巣目(すめ)とよぶ。高温の噴気をエネルギー源にしようと地熱開発の調査もなされている。霧島錦江湾(きりしまきんこうわん)国立公園に属し、JR指宿枕崎(いぶすきまくらざき)線山川駅からバス15分。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鰻池の関連キーワード山川(鹿児島県)アオコ錦江湾火口壁酸欠死山川湾開聞岳霧島泉熱湖岸北西

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android