沢田 正二郎(読み)サワダ ショウジロウ

20世紀日本人名事典の解説

沢田 正二郎
サワダ ショウジロウ

明治・大正期の俳優 劇団新国劇創立者。



生年
明治25(1892)年5月27日

没年
昭和4(1929)年3月4日

出生地
滋賀県大津市

学歴〔年〕
早稲田大学文学部英文科〔大正3年〕卒

経歴
在学中の明治44年坪内逍遙の文芸協会附属演劇研究所で俳優修業し、45年帝劇の「ヴェニスの商人」で初舞台。その後、島村抱月松井須磨子芸術座に参加、大正2年有楽座でメーテルリンクの「モンナ・ヴァンナ」、須磨子の相手役で「サロメ」「罪と罰」「復活」などに出演。3年脱退。劇団美術協会、新時代劇協会などを経て、6年新国劇を結成。新富座で旗揚げしたが失敗。関西に移り大阪松竹と専属契約を結ぶ。8年「月形半平太」「国定忠治」など剣劇に独特の殺陣を活用して大当たりをとり、10年には東京・明治座に出演、さらに「大菩薩峠」の机竜之助で大ブームを起こす。以降東京を本拠に「白野弁十郎」「桃中軒雲右衛門」「沓掛時次郎」と話題作の上演で新国劇全盛時代を築き、“沢正”の名を高めた。映画出演に「国定忠治」「恩讐の彼方に」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

沢田 正二郎
サワダ ショウジロウ


職業
俳優

肩書
劇団新国劇創立者

生年月日
明治25年 5月27日

出生地
滋賀県 大津市

学歴
早稲田大学文学部英文科〔大正3年〕卒

経歴
旧土佐藩士の二男で、父は滋賀県の収税長をしていた。3歳で父を亡くし、母の実家がある東京・根岸で育つ。幼少時は絵を好み、尋常小学校4年時の明治34年、全国小学生絵画習字展に出品した柳の絵が皇后の眼に止まり、宮内省に献上された。後年、新国劇を旗揚げした際に劇団のシンボルマークに選んだ「柳に蛙」はこれにちなむ。開成中学を卒業後、小山内薫らが主宰する自由劇場で観た「ジョン・ガブリエル・ボルグマン」に感銘を受けて俳優を志すようになり、42年早稲田大学文科予科に入学後は独自に発声を練習。在学中の44年、坪内逍遙の文芸協会附属演劇研究所に入所。同年末の帝国劇場「ヴェニスの商人」で羅卒を演じて初舞台を踏む。大正2年同所を卒業する際、卒業生が文化協会から離れて新しい劇団に参加するのを快く思わない協会側の方針に反発し、新しく美術集団を結成。さらに同年文化協会の幹事を辞任した島村抱月が松井須磨子らと設立した芸術座に合流。有楽座で開かれた旗揚げ公演のメーテルリンクの「モンナ・ヴァンナ」に出演した他、「サロメ」「罪と罰」「復活」などで須磨子の相手役を務めたが、やがて稽古中に須磨子らと衝突し、3年脱退。その後、秋田雨雀と美術劇場を結成したのを経て、新時代劇協会に加わり、北海道や東北など各地を巡業。4年新劇から広く大衆に親しまれる通俗劇への転換を図り、演伎座において伊庭孝、上山草人らと「役者の妻」を上演し、評判となった。6年早大で同期だった倉橋仙太郎らとともに新しい大衆劇団として、師・逍遥の命名により新国劇を結成。東京・新富座での旗揚げ興行は初日から不入りであったが、関西に移って大阪・角座で行った公演は好評を博し、同年大阪松竹と専属契約を結ぶ。以後、「月形半平太」「国定忠治」など剣劇に独特の殺陣を活用して新しい大衆劇のスタイルを確立し、たちまち関西の好劇家や若者を中心に“沢正”の愛称で絶大な人気を獲得した。10年東京・明治座での公演を成功させてからは再び東京を本拠地とし、同年末「大菩薩峠」で虚無的な机竜之助を演じ、大ブームを起こす。11年大衆演劇の本場・浅草に進出。12年8月公演中に賭博容疑(本人は無実を主張)で逮捕されるが、拘留中に関東大震災が起き釈放。10月には震災で罹災した東京の人を慰安するため日比谷音楽堂で無料の野外劇を開催し、数万人の観客を集めた。一方、10年松竹蒲田製作の現代劇「懐かしき力」で映画に初出演し、14年の「国定忠治」「恩讐の彼方に」で主演して大ヒット。15年にはロスタン「シラノ・ド・ベルジュラック」を翻案した「白野弁十郎」が好評を博し、以降も「桃中軒雲右衛門」「沓掛時次郎」「坂本竜馬」と話題作を次々と上演、新国劇全盛時代を築いた。昭和4年風邪がもとで中耳炎をこじらせ体調が悪化、36歳の若さで没した。著書に「天明」「苦闘の跡」「蛙の放送」などがある。

没年月日
昭和4年 3月4日 (1929年)

家族
長男=沢田 正太郎(洋画家)

伝記
芝居と映画と人生と―池波正太郎エッセイ・シリーズ〈5〉新国劇人物探訪 地図から消えた東京遺産巨優 上田吉二郎3分間で読む人生の知恵殺陣―チャンバラ映画史時代小説大全集〈5〉人物日本史 明治・大正ふり蛙―新国劇70年あれこれわが人生の師 池波 正太郎 著真鍋 秀夫 著田中 聡 著高瀬 昌弘 編著花岡 大学 著永田 哲朗 著新潮社 編島田 正吾 著新井 正明,素野 福次郎 ほか著(発行元 朝日新聞社元就出版社祥伝社ワイズ出版同朋舎出版社会思想社新潮社朝日新聞社竹井出版 ’08’05’00’98’96’93’91’88’86発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

沢田 正二郎 (さわだ しょうじろう)

生年月日:1892年5月27日
明治時代;大正時代の俳優
1929年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android