コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河川学 かせんがくpotamology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河川学
かせんがく
potamology

河川の自然的諸現象を対象とする学問で陸水学の一分科。普通は河川水に生息する生物を除外し,次のような現象を対象とする。河川水の涵養,河川水の流動 (流速や流量など) ,河川水の理化学性 (水温,水質など) ,河川水の作用 (浸食作用や土砂石礫などの運搬,堆積作用) およびその結果としての河川流路や河谷の形態,さらには河谷の発達史など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かせんがく【河川学 potamology】

河川を対象として,それにかかわる自然的諸問題を理学的に追究する学問。湖沼学,地下水学などとともに水文学に含まれる。その研究内容は広範にわたり,総合科学的色彩が強い。河川を流れる水の量の時間的・空間的変化を扱う水文学的研究,排水の影響を含めて水の質を扱う化学的研究,流水の速さやこう配,河床の状況などの諸関係を扱う水理学的研究,さらには,地形形成営力としての河川の働きを扱う地形学的研究などが主要テーマとなっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河川学
かせんがく

川の自然的諸問題を理学的立場から研究する学問で、広義の陸水学の一部門。認識論的立場から分類すれば水文学(すいもんがく)に属する。河川工学は河川学の応用分野に属するが、実際には河川学より先に早くから独自の発達を遂げてきた。河川学におけるおもな研究テーマは大別して次のようなものがある。(1)河川流域における降水と流出との間の量的、質的、時間的関係を軸として、蒸発散、浸透、地下水などのほかの水文現象との関係。(2)河川の水位、水面勾配(こうばい)、流速、流量などの水理量の時間的、空間的変化と、それらの水理量相互間の関係。とくに流路の幾何形状を表す諸特性値と水理量との間の関係を研究する分野を流路の水理幾何学という。(3)地形形成営力としての河川の侵食、運搬、堆積(たいせき)作用のメカニズムと、その結果生ずる地形について研究する地形営力論的研究。(4)流域の発達過程と水系網の構成法則。(5)河川水の水温や電導度などの物理的性質。(6)河川水中の溶存成分などの化学的性質、また水質の時間的、空間的変化に伴う事柄など、おもに汚染の機構の究明などがある。河川学は総合科学的性格を有する学問といえる。山茂美]
『野満隆治著、瀬野錦蔵訂補『新河川学』(1959・地人書館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

河川学の関連キーワード河川工学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河川学の関連情報