コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津屋崎 つやざき

3件 の用語解説(津屋崎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津屋崎
つやざき

福岡県北部,福津市北部の旧町域。玄界灘に臨む。 1897年町制。 1955年勝浦村と合体。 2005年福間町と合体し福津市となる。中心地区の津屋崎は鼓島の陸繋島がつくる入江にあり,古くは大陸交通の基地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つやざき【津屋崎】

福岡県北部にあった町。玄界灘(げんかいなだ)に面する港町。開運の神として知られる宮地嶽(みやじだけ)神社がある。平成17年(2005)に福間町と合併して福津(ふくつ)市となる。→福津

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津屋崎
つやざき

福岡県北部、宗像(むなかた)郡にあった旧町名(津屋崎町(まち))。現、福津市。旧津屋崎町は、1897年(明治30)町制施行。1908年(明治41)宮地(みやじ)村、1955年(昭和30)勝浦(かつうら)村と合併。2005年(平成17)福間町と合併、福津市となる。旧町域は、西部中央部に渡(わたり)半島が突出、南北に弓状の海岸線が続く一方、東部は小丘陵が広がる。また、国道495号が縦断する。古くから福岡藩の藩米積出し港、博多(はかた)―関門(かんもん)の中間港として栄え、製塩業も盛んであったが、現在は一地方漁港にすぎない。主産業は農業で、イネのほか施設園芸、ミカン栽培などが行われ、漁業も盛んである。開運の神として知られる宮地嶽(みやじだけ)神社と周辺の古墳群、渡半島南部の大峰山自然公園と東郷(とうごう)神社、北端の千畳敷(せんじょうじき)岩、海水浴客の多い玄界灘(げんかいなだ)沿岸の勝浦浜、白石(しらいし)浜、恋ノ浦(こいのうら)、宮地浜など名勝、行楽地が多く、玄海国定公園に含まれる。[石黒正紀]
『『津屋崎町史』全2巻(1996、1999・津屋崎町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津屋崎の関連キーワード福津福岡県福津市大石福岡県福津市小竹福岡県福津市津丸津屋崎〈町〉福間〈町〉福岡県福津市宮司福岡県福津市本木福岡県福津市生家福岡県福津市渡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津屋崎の関連情報