コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津屋崎 つやざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津屋崎
つやざき

福岡県北部,福津市北部の旧町域。玄界灘に臨む。 1897年町制。 1955年勝浦村と合体。 2005年福間町と合体し福津市となる。中心地区の津屋崎は鼓島の陸繋島がつくる入江にあり,古くは大陸交通の基地。江戸時代には米の積出港として繁栄。現在は漁港。東部では米作のほか,野菜,スイカ,イチゴなどの栽培が行なわれる。商人の信仰があつい宮地嶽神社があり,筑前国宮地嶽神社境内出土骨蔵器および宮地嶽古墳出土品は国宝に指定。宮司はその門前町。津屋崎および恋ノ浦の海岸は玄海国定公園に属する景勝地で海水浴場もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つやざき【津屋崎】

福岡県北部にあった町。玄界灘(げんかいなだ)に面する港町。開運の神として知られる宮地嶽(みやじだけ)神社がある。平成17年(2005)に福間町と合併して福津(ふくつ)市となる。→福津

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津屋崎
つやざき

福岡県北部、宗像(むなかた)郡にあった旧町名(津屋崎町(まち))。現、福津市。旧津屋崎町は、1897年(明治30)町制施行。1908年(明治41)宮地(みやじ)村、1955年(昭和30)勝浦(かつうら)村と合併。2005年(平成17)福間町と合併、福津市となる。旧町域は、西部中央部に渡(わたり)半島が突出、南北に弓状の海岸線が続く一方、東部は小丘陵が広がる。また、国道495号が縦断する。古くから福岡藩の藩米積出し港、博多(はかた)―関門(かんもん)の中間港として栄え、製塩業も盛んであったが、現在は一地方漁港にすぎない。主産業は農業で、イネのほか施設園芸、ミカン栽培などが行われ、漁業も盛んである。開運の神として知られる宮地嶽(みやじだけ)神社と周辺の古墳群、渡半島南部の大峰山自然公園と東郷(とうごう)神社、北端の千畳敷(せんじょうじき)岩、海水浴客の多い玄界灘(げんかいなだ)沿岸の勝浦浜、白石(しらいし)浜、恋ノ浦(こいのうら)、宮地浜など名勝、行楽地が多く、玄海国定公園に含まれる。[石黒正紀]
『『津屋崎町史』全2巻(1996、1999・津屋崎町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

津屋崎の関連キーワード宗像在自唐坊跡展示館西鉄宮地岳線津屋崎[町]福岡県福津市津屋崎古墳群福津[市]相川 広秋中村 清造西日本鉄道津屋崎人形福津(市)福間[町]大社元七モマ笛豊盛

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津屋崎の関連情報