コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洲本[市] すもと

百科事典マイペディアの解説

洲本[市]【すもと】

兵庫県淡路島南東部,大阪湾に面する市。1940年市制。中心市街は江戸初期以降蜂須賀藩の家老稲田氏の城下町,漁港として発達,大阪,神戸,深日(ふけ)からの定期船,本州四国連絡道路が通じ,全島の中心をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すもと【洲本[市]】

兵庫県淡路島南東部,大阪湾に面する市。淡路島の行政・経済・交通の中心。1940年市制。人口4万2373(1995)。友ヶ島水道(紀淡海峡)に面する由良とともに古くから港町として発達し,1526年(大永6)安宅(あたぎ)治興が三熊山に洲本城を築いた。85年(天正13)羽柴秀吉によって脇坂安治が3万3000石で封ぜられてからは大阪湾に面する要港として重視され,1609年(慶長14)藤堂高虎,翌10年には池田輝政の三男忠雄が領した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

洲本[市]の関連キーワード瀬戸内海国立公園

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android