浪岡(読み)なみおか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浪岡
なみおか

青森県中央部にある青森市南西部の旧町域。 1940年町制。 1954年大杉村,野沢村,女鹿沢 (めがさわ) 村,五郷 (ごごう) 村の4村と合体。 2005年青森市と合体。室町時代に北畠氏が築城し,江戸時代は羽州街道松前街道の分岐点にあたり,宿場町として発展。北畠氏の居城跡は浪岡城跡として国の史跡に指定。津軽平野の南部に位置し,東部と北部の山岳部を除けば大部分が平坦地で水田と果樹園が開け,米とリンゴの生産が中心。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浪岡
なみおか

青森県中央部、南津軽郡にあった旧町名(浪岡町(まち))。現在は青森市の南西部を占める地域。1940年(昭和15)町制施行。1954年(昭和29)女鹿沢(めがさわ)、野沢、大杉、五郷(ごごう)の4村と合併。2005年(平成17)青森市に合併。JR奥羽本線、国道7号、101号、東北自動車道が通じ浪岡インターチェンジがある。南北朝時代に南朝方の北畠顕家(きたばたけあきいえ)が陸奥守(むつのかみ)としてこの地に国府を置いたという。その後、顕家の長子顕成が浪岡城にこもり、東北の南朝勢力の拠点となったが、1578年(天正6)津軽(大浦)為信(ためのぶ)に攻略されて滅亡。城跡は石垣と土塁の一部を残し、国の史跡に指定されている。旧町域は津軽平野の東端部にあり、大部分が平地で、水田とリンゴ園が広がる。青森中心市街のほか、弘前(ひろさき)市への通勤・通学者も多い。東部に青森空港がある。北西部の梵珠山(ぼんじゅさん)は県民の森に指定されている。[横山 弘]
『『浪岡町史資料編』全17巻(1974~1988・浪岡町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浪岡の関連情報