清勝(読み)せいしょう

精選版 日本国語大辞典「清勝」の解説

せい‐しょう【清勝】

〘名〙 手紙で、相手の健康無事を喜ぶあいさつの語。健勝のていねいないい方。
※徂徠集(1735‐40)二二・復爽鳩子方「得書、茲知足下清、何喜加之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「清勝」の解説

せい‐しょう【清勝】

手紙文で、相手が健康で暮らしていることを喜ぶあいさつの語。健勝。「ますます御清勝にお過ごしのことと存じます」
[類語]ぴんしゃんぴんぴんしゃんとしゃんしゃんしゃきっとしゃっきり不死身強靭タフ生き生き意気軒昂けんこう老健強い健康無病息災無事健勝すこやか壮健健全丈夫じょうぶ達者元気まめつつがない息災強壮強健頑健矍鑠

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android