コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぴんぴん ピンピン

デジタル大辞泉の解説

ぴん‐ぴん

[副](スル)
勢いよくはね上がるさま。「魚がぴんぴん(と)はねる」
元気よく活動しているさま。「病気が治ってぴんぴん(と)している」
刺激が強く伝わるさま。特に、高い音声が響くさま。「高い声がぴんぴん頭に響く」
相手の思いが強く心に響くさま。「彼のいらだちがぴんぴん(と)心に伝わる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぴんぴん

( 副 ) スル
(「と」を伴っても用いる)
勢いよくはねるさま。 「バケツの中でコイが-(と)はねている」
元気よく活動するさま。 「病気どころか-している」
とり澄まして愛想のないさま。 「殿様風で、-するやうな事があるかも知れない/福翁自伝 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぴんぴんの関連キーワード福翁自伝PPK鯛車

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぴんぴんの関連情報