ぴんぴん

精選版 日本国語大辞典「ぴんぴん」の解説

ぴん‐ぴん

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 勢いよくはね上がったり、反り返ったりするさまを表わす語。ひんひん
日葡辞書(1603‐04)「ウマガ pinpinto(ピンピント) ハヌル」
② とり澄まして愛想のないさまを表わす語。つんと。ぴんと。ひんひん。
歌舞伎・染竹春駒(1814)大詰「何を云っても、ピンピンとして、おれが云ふ事は聞いてくれないから」
元気で生き生きとしているさま、健康なさまを表わす語。
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)四「おめへがぴんぴん達者になって」
④ 刺激が強く伝わり、響くさま、相手の思いが強く心に伝わるさまなどを表わす語。
※父の婚礼(1915)〈上司小剣〉四「ぴんぴんと頭へ響く高声で」
[補注]別に、「ひんひん」の形も見え、清濁判然としないが、一応別項に扱った。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ぴんぴん」の解説

ぴん‐ぴん

[副](スル)
勢いよくはね上がるさま。「魚がぴんぴん(と)はねる」
元気よく活動しているさま。「病気が治ってぴんぴん(と)している」
刺激が強く伝わるさま。特に、高い音声が響くさま。「高い声がぴんぴん頭に響く」
相手の思いが強く心に響くさま。「彼のいらだちがぴんぴん(と)心に伝わる」
[類語](2ぴんしゃんしゃんとしゃんしゃんしゃきっとしゃっきり不死身強靭タフ生き生き意気軒昂けんこう老健健やか強い元気健康丈夫無病息災無事健勝清勝壮健健全達者まめつつがない息災強壮強健頑健矍鑠かくしゃく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android