コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清津川 きよつがわ

3件 の用語解説(清津川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清津川
きよつがわ

新潟県南部を流れる川。信濃川の支流で新潟・長野・群馬県の県境の白砂山 (2140m) に発し,魚沼丘陵を横切り,十日町盆地で信濃川に合流する。全長約 43km。上流の三国地方貝掛温泉赤湯温泉があり,中流部の八木沢から清津峡温泉にいたる間は清津峡となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きよつがわ【清津川】

新潟県南東部を流れる信濃川の支流。新潟・長野県境の佐武流山(2192m)に発し,苗場山東麓を北流,魚沼丘陵南部を経て十日町盆地に入り,信濃川右岸段丘を横切ってJR飯山線越後田沢駅近くで信濃川に合流する。幹川流路延長34.7km,全流域面積307.4km2。八木沢から下流清津峡温泉までの約8kmが絶壁と複輝石安山岩柱状節理が発達する清津峡(名・天)で,新緑・紅葉時には谷壁の探勝路は観光客を集める。清津川上流には上池のカツサダム,下池の二居(ふたい)ダムをもつ電源開発会社の奥清津揚水式発電所(最大出力100万kW)が稼働している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清津川
きよつがわ

新潟県南部の湯沢町、十日町(とおかまち)市を流れる信濃(しなの)川の支流。新潟・長野県境の佐武流(さぶる)山(2192メートル)に源を発し、苗場(なえば)火山山麓(さんろく)を迂回(うかい)して十日町市中里地区田沢で信濃川に合流する。延長43.1キロメートル。江戸時代、上流は三国街道筋で有名な三国三宿(浅貝、二居(ふたい)、三俣(みつまた)。湯沢町)があった。また上流の奥清津ダムは余剰電力で水を蓄えて有効に利用するロックフィル式多目的ダムで発電、農業用水に大きな効果をあげている。中流の八木沢(やぎさわ)(湯沢町)から小出(こいで)(十日町市)にかけての8キロメートル間は苗場火山の輝石安山岩をうがって断崖(だんがい)絶壁をなし、「清津峡」とよばれる景勝地(国指定名勝・天然記念物)。谷口には清津峡温泉もあり、柱状節理の渓谷と田代(たしろ)の七ツ釜(がま)で有名な支流釜川をあわせて、十日町盆地の高位段丘を侵食し、広い河谷平野をつくって信濃川に合流する。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清津川の関連情報