コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清瀬一郎 きよせ いちろう

百科事典マイペディアの解説

清瀬一郎【きよせいちろう】

政治家,弁護士。法学博士。兵庫県出身。京大卒。1920年衆議院議員当選以来当選14回。国民同盟幹事長,大政翼賛会総務を歴任。戦後改進党幹事長から民主党民主自由党に移り,東京裁判の主任弁護士を勤めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清瀬一郎 きよせ-いちろう

1884-1967 大正-昭和時代の政治家,弁護士。
明治17年7月5日生まれ。大正9年衆議院議員(当選14回)。第1回普通選挙後に衆議院副議長。大政翼賛会総務をつとめ,戦後,東条英機(ひでき)の主任弁護人として,東京裁判の不当性と自衛戦争を主張した。第3次鳩山(はとやま)内閣文相。昭和35年衆議院議長となり,新安保条約承認の強行採決をおこなった。昭和42年6月27日死去。82歳。兵庫県出身。京都帝大卒。著作に「秘録東京裁判」など。
【格言など】東京裁判のような復讐(ふくしゅう)劇を興行して,永遠の平和がころげ込むものではない(「秘録東京裁判」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清瀬一郎
きよせいちろう

[生]1884.7.5. 兵庫
[没]1967.6.27. 東京
弁護士,政治家。京都大学を卒業し弁護士となり,特許権法を研究し,法学博士となった。 1920年以来衆議院議員に 14回当選,衆議院副議長,国民同盟幹事長,大政翼賛会総務を歴任。第2次世界大戦後の極東国際軍事裁判東条英機被告の主任弁護人をつとめた。公職追放解除後,改進党幹事長,55年鳩山内閣の文相。この間,憲法第9条の解釈として「清瀬理論」を案出。同条項の枠内での自衛力保持を肯定した。 60年,日米新安全保障条約を採決したときの衆議院議長であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清瀬一郎
きよせいちろう
(1884―1967)

政治家、弁護士。兵庫県生まれ。京都帝国大学独法科卒業。弁護士から1920年(大正9)衆議院議員となる。治安維持法に反対したが、のちに国家主義的となる。東京弁護士会会長を務め、第二次世界大戦中は大政翼賛会総務などを歴任。終戦後、公職追放。極東国際軍事裁判の日本人弁護団副団長で、東条英機(とうじょうひでき)の主任弁護人となる。追放解除後政界に復帰。改進党幹事長などを歴任し、1955年(昭和30)第三次鳩山一郎(はとやまいちろう)内閣文相。1960年の新安保条約の審議に際しては衆議院議長として強行採決を行う。自民党顧問。著書に『秘録・東京裁判』など。[小田部雄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の清瀬一郎の言及

【東京裁判】より

…起訴状は,訴追対象を1928年1月1日から45年9月2日までとし,28名の被告を〈平和に対する罪〉〈殺人〉〈通例の戦争犯罪及人道に対する罪〉に概括する55の訴因で起訴し,とくに訴因第1の1928年からの〈平和に対する罪〉の包括的共同謀議には全被告が該当するとした。
[裁判の経過]
 公判は1946年5月3日開始し,法廷成立手続,起訴状朗読,被告の罪状認否の申立てがなされたが,清瀬一郎弁護人は裁判官忌避,裁判管轄権に対する異議申立ての動議を提出した。管轄権動議は〈平和に対する罪〉〈人道に対する罪〉が〈事後法〉(ある行動がなされたのちに,それを処罰する法を制定すること)に相当するものであり,〈罪刑法定主義〉に反するとの趣旨であったが,キーナン検事は裁判所憲章はパリ不戦条約などすでにある国際法を宣言しているものだと反駁(はんばく)し,裁判官も〈理由は将来において述べる〉として弁護側動議を却下した。…

※「清瀬一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

清瀬一郎の関連キーワード日米安全保障条約戸井田 三郎京都大学7月5日政治家

清瀬一郎の関連情報