コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安国寺利生塔 あんこくじりしょうとう

2件 の用語解説(安国寺利生塔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安国寺利生塔
あんこくじりしょうとう

足利尊氏,直義兄弟が全国に建立した塔。夢窓疎石のすすめによる。 66国2島ごとに1寺1塔の寺塔を建立し,後醍醐天皇の冥福を,また元弘以来の戦死者の冥福,菩提を祈ると同時に往時の国分寺建立の趣旨にならい,足利氏の天下統一の威信と抱負の誇示,さらに軍略上の拠点とすることを目的とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安国寺利生塔
あんこくじりしょうとう

南北朝時代に設定された寺院制度の一つ。1336年(延元1・建武3)の室町幕府開創後まもなく、元弘(げんこう)(1331~1334)以来の争乱による戦没者の弔霊と天下太平を祈願するため、将軍足利尊氏(あしかがたかうじ)と当時兄にかわって政務を代行していた直義(ただよし)の兄弟の発願により、全国に、国ごとに寺院1宇と塔婆1基を建立することが定められた。1345年(興国6・貞和1)2月には、幕府の要請によって、それらの各国の寺、塔に対してそれぞれ安国寺、利生塔と称することが勅許された。現在、安国寺は59か国において設定されたことが確認されるが、そのほとんどは既存の臨済(りんざい)宗五山(ござん)派の禅刹(ぜんさつ)を安国寺に指定したものである。一方、利生塔は66か国2島に計68基が設置されたことは確実で、それらの大半は真言(しんごん)、天台(てんだい)、律(りつ)などの旧仏教系寺院であり、形式は五重塔と三重塔で、仏舎利(ぶっしゃり)各2粒が奉納された。これらの寺塔は民心慰撫(いぶ)とともに、反幕勢力への監視・抑制という政治的役割を果たした。[今谷 明]
『今枝愛真著『中世禅宗史の研究』(1970・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安国寺利生塔の関連キーワード足利義兄弟多多良浜清尊赤松朝範赤松直頼上杉憲房(1)肝付兼重二階堂行朝箱根竹ノ下の戦

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone