満幅(読み)まんぷく

精選版 日本国語大辞典「満幅」の解説

まん‐ぷく【満幅】

〘名〙
① 紙や布いちめんに満ちていること。また、その紙や布全体。
※蕉堅藁(1403)四明館駅簡龍河猷仲徽「客路扁舟回首処、離愁満故人書」 〔白居易‐庾順之以紫霞綺遠贈以詩答之詩〕
② 一面・全体に及ぶこと。多く「満幅の」の形で、全面的な、全くの、などの意で用いる。「満幅の信頼」
※文明批評家としての文学者(1901)〈高山樗牛〉七「穉気満幅、真に人をして憫笑に堪えざらしむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「満幅」の解説

まん‐ぷく【満幅】

幅・広さの全体。
あるかぎり全部。すべて。全幅。「満幅の信頼をおく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android