コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存分 ゾンブン

デジタル大辞泉の解説

ぞん‐ぶん【存分】

[名・形動]物事を思いどおりにすること。満足のゆくまですること。また、そのさま。「存分に楽しむ」「存分な活躍を期待する」「思う存分歌う」
[名]
考え。思い。
「我々が―には、命を限りにいざやただ、近衛殿へ参りつつ」〈仮・恨の介・下〉
恨み。意趣。
「此の―を申さずには置くまい」〈虎寛狂・縄綯

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞんぶん【存分】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
思いどおりにすること。思うままに行うこと。また、そのさま。十分なさま。 「 -に腕を振るう」 「 -な働きを見せる」 「思う-休暇を楽しむ」
( 名 )
思っていること。意見。 「我々が-には、命を限りに、いざやただ近衛殿へ参りつつ/仮名草子・恨の介」
恨み。遺恨。 「先づ急いで罷り帰り、此の-を申さずには置くまい/狂言・縄綯 虎寛本

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

存分の関連キーワード食い飽きる・食飽きる・食い厭きるEXILENESMITHハンナ オジョゴフスカ小林吟右衛門(2代)『東海道四谷怪談』スカパンの悪だくみ追風に帆を上げる音楽の捧げものテレームの僧院アブー・ザイド物を言わせる女子サッカー驥足を展ばすメンフィス大伴大江丸台座の別れ笹野鈴々音イチキ游子逞しくする小山冨士夫

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

存分の関連情報