存分(読み)ゾンブン

デジタル大辞泉の解説

ぞん‐ぶん【存分】

[名・形動]物事を思いどおりにすること。満足のゆくまですること。また、そのさま。「存分に楽しむ」「存分な活躍を期待する」「思う存分歌う」
[名]
考え。思い。
「我々が―には、命を限りにいざやただ、近衛殿へ参りつつ」〈仮・恨の介・下〉
恨み。意趣。
「此の―を申さずには置くまい」〈虎寛狂・縄綯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞんぶん【存分】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
思いどおりにすること。思うままに行うこと。また、そのさま。十分なさま。 「 -に腕を振るう」 「 -な働きを見せる」 「思う-休暇を楽しむ」
( 名 )
思っていること。意見。 「我々が-には、命を限りに、いざやただ近衛殿へ参りつつ/仮名草子・恨の介」
恨み。遺恨。 「先づ急いで罷り帰り、此の-を申さずには置くまい/狂言・縄綯 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

存分の関連情報