コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存分 ゾンブン

デジタル大辞泉の解説

ぞん‐ぶん【存分】

[名・形動]物事を思いどおりにすること。満足のゆくまですること。また、そのさま。「存分に楽しむ」「存分な活躍を期待する」「思う存分歌う」
[名]
考え。思い。
「我々が―には、命を限りにいざやただ、近衛殿へ参りつつ」〈仮・恨の介・下〉
恨み。意趣。
「此の―を申さずには置くまい」〈虎寛狂・縄綯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞんぶん【存分】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
思いどおりにすること。思うままに行うこと。また、そのさま。十分なさま。 「 -に腕を振るう」 「 -な働きを見せる」 「思う-休暇を楽しむ」
( 名 )
思っていること。意見。 「我々が-には、命を限りに、いざやただ近衛殿へ参りつつ/仮名草子・恨の介」
恨み。遺恨。 「先づ急いで罷り帰り、此の-を申さずには置くまい/狂言・縄綯 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

存分の関連キーワード食い飽きる・食飽きる・食い厭きるEXILENESMITHハンナ オジョゴフスカ小林吟右衛門(2代)スカパンの悪だくみ『東海道四谷怪談』追風に帆を上げる音楽の捧げものアブー・ザイドテレームの僧院物を言わせる驥足を展ばす女子サッカー腕を振るう大伴大江丸小山冨士夫イチキ游子逞しくする笹野鈴々音台座の別れ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

存分の関連情報