コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶解パルプ ようかいパルプdissolving pulp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶解パルプ
ようかいパルプ
dissolving pulp

化学的に特別に精製されたパルプ。亜硫酸法によりパルプを精製したものを溶解サルファイトパルプと呼び,クラフト法によるものを溶解クラフトパルプと呼ぶ。おもに薬品に溶解して使用され,化学繊維セロファン,CMCなどの化学製品の重要な原料である。その用途がビスコースレーヨン (→ビスコース繊維 ) を主体としたため,以前はレーヨンパルプと呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

溶解パルプ【ようかいパルプ】

セルロース系化学繊維,フィルムセロハンなどの製造に使うパルプ製紙用パルプに対する。パルプをいったん溶解してから繊維や皮膜に加工するのでこの名があり,また最大の用途がビスコースレーヨンの原料であるところから,かつてはレーヨンパルプと呼んだ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようかいパルプ【溶解パルプ dissolving pulp】

化学パルプのなかで,とくに精製度が高くセルロース含有量が90%以上のパルプ。パルプの利用は,紙や不織布のように繊維形態を保持したままの場合(製紙パルプ)と,薬品と反応させてセルロース誘導体を作るかあるいは溶解,再生して再生セルロースにする場合(溶解パルプ)がある。かつて溶解パルプはビスコースレーヨン,スフ(ステープルファイバー)を製造するために用いられたのでレーヨンパルプrayon pulpともいった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の溶解パルプの言及

【パルプ】より

…和紙の原料としてコウゾ,ミツマタ,ガンピなどの靱皮(じんぴ)繊維パルプも作っているが,量はきわめて少ない。用途による分類では二つに分けられ,紙やノンウーブンのように繊維形態をとったまま利用して使う製紙パルプpaper pulpと,ビスコースレーヨン,セロハン,酢酸セルロースのように再生セルロースやセルロース誘導体を作るために使用する,セルロースの純度の高い溶解パルプdissolving pulpの二つに分けられる。溶解パルプはおもに木材や綿リンターから作られるが,竹やバガスからも作ることができる。…

※「溶解パルプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

溶解パルプの関連キーワード紙パルプ工業塗工紙

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android