濫吹(読み)らんすい

故事成語を知る辞典「濫吹」の解説

濫吹

能力がないのに、あるように見せかけることのたとえ。

[由来] 「韓非子ないちょぜい・上」に見えるエピソードから。紀元前四世紀、戦国時代の中国でのこと。せいという国の王は、の大合奏を聴くのが好きでした。そこで、王のもとには、笛吹きが上手だと売り込んできた人物が何百人も、召し抱えられていました。やがて、この王が亡くなり、次の王の時代になります。今度の王は、笛の独奏がお好み。すると、かつての自称、笛吹き上手の中には、逃げ出してしまったもいたそうです。なお、「濫」は、「みだりに」と訓読みする漢字で、「自分で勝手に」という意味を表します。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「濫吹」の解説

らん‐すい【濫吹】

《斉(せい)の宣王は竽(う)という笛を聞くのが好きで楽人を大ぜい集めていたが、を吹けない男が紛れ込み、吹いているようなまねをして俸給をもらっていたという、「韓非子」内儲説上の故事から》無能な者が才能があるかのように装うこと。実力がなくて、そのにいること。濫竽(らんう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android