濫吹(読み)ランスイ

デジタル大辞泉の解説

らん‐すい【濫吹】

《斉(せい)の宣王竽(う)という笛を聞くのが好きで楽人を大ぜい集めていたが、竽を吹けない男が紛れ込み、吹いているようなまねをして俸給をもらっていたという、「韓非子」内儲説上の故事から》無能な者が才能があるかのように装うこと。実力がなくて、その位にいること。濫竽(らんう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らんすい【濫吹】

( 名 ) スル
〔竽 が吹けないのに合奏団に紛れこんでいた楽人が、独奏させられることになり、それを恐れて逃亡したという「韓非子」の故事から〕
無能の者が才能のあるように装うこと。また、過分な地位にあること。濫竽。
秩序を乱すこと。狼藉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android