瀬川菊之丞(3代)(読み)せがわ きくのじょう

  • 瀬川菊之丞(3代) せがわ-きくのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1751-1810 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
宝暦元年生まれ。市山七十郎次男初代瀬川如皐(じょこう)の。2代菊之養子。女方。安永2年大坂から江戸にゆき,翌年3代を襲名瀬川路考(3代)をへて仙女とあらため,座頭(ざがしら)をつとめる。文化7年12月4日死去。60歳。大坂出身。前名は瀬川富三郎(初代)。通称は仙女路考。屋号浜村屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android