瀬戸田[町](読み)せとだ

百科事典マイペディアの解説

瀬戸田[町]【せとだ】

広島県南部,生口(いくち)島大部分とその北の高根(こうね)島からなる豊田郡の旧町。生口島北岸の主集落瀬戸田は古来内海航路の要港で,塩業も盛んであった。ミカン栽培が行われ,造船業も盛んで,因島(いんのしま)の造船所への通勤者も多い。〈西の日光〉と呼ばれる耕三(こうさん)寺(金本耕三が1936年から建立)があり,観音山一帯は瀬戸内海国立公園に属する。2006年1月因島市と尾道市へ編入。32.74km2。9656人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の瀬戸田[町]の言及

【生口島】より

…瀬戸内海中央部,芸予諸島の島で,広島県豊田郡瀬戸田町の大部分を占める。面積30.5km2。…

※「瀬戸田[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android