コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無極 ムキョク

デジタル大辞泉の解説

む‐きょく【無極】

[名・形動]
果てがないこと。限りのないこと。また、そのさま。無窮。
「造物主の徳広大―なりと雖」〈津田真道明六雑誌二一〉
電極または磁極が存在しないこと。
人知を越えた果てしないところ。転じて、宇宙の根源のこと。
中心となって主導するものがないこと。「世界経済は一国主導から無極に移る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むきょく【無極】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
果てのないこと。きわまりのないこと。そのさま。 「美なる、-なる、不則なる自然よ/欺かざるの記 独歩
〔周敦頤しゆうとんい「太極たいきよく図説」の「無極而太極」から〕 宋学で、宇宙の本体である太極の無限定性を示した語。
電極が存在しないこと。 「 -結合」

むごく【無極】

( 名 ・形動ナリ )
この上もない・こと(さま)。無上至極。 「神力-の阿弥陀は/浄土和讃」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

無極の関連キーワードチャン ドンゴンチェン・カイコーセシリア チャンニコラス ツェーサルコキスティスザオ・ウーキーザオ ウーキーPROMISEリウ イエ成瀬 無極無電極放電柘植善太夫太平記綱目4月26日窪田清音太極図説智泉聖通空谷明応共有結合胞子虫類

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無極の関連情報