コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自棄 ジキ

デジタル大辞泉の解説

じ‐き【自棄】

自分自身に失望してすてばちになること。やけ。「自暴自棄

やけ【自棄】

[名・形動]《「焼け」と同語源》物事が分の思いどおりに運ばなくて、どうにでもなれという気持ちになり、思慮のない乱暴な振る舞いをすること。また、そのさま。やけくそ。自暴自棄。「自棄を起こす」「自棄な調子で捨てぜりふをいう」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じき【自棄】

( 名 ) スル
自分の身を粗末にして顧みないこと。すてばちになること。 「自暴-」 「今はわれ吾が欠点をのみ見て-せんとしつつあり/欺かざるの記 独歩

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

自棄の関連キーワード辭・事・似・侍・児・兒・地・字・寺・峙・怩・恃・慈・持・時・次・治・滋・爾・璽・痔・磁・示・耳・自・辞・餌ジャングル(シンクレアの小説)矢でも鉄砲でも持って来い小人窮すれば斯に濫すジャンヌ・ダルクデスペレートデスパレート破れかぶれ自棄・焼けクリスティささほうさ東住吉事件自棄っぱちわざくれ心山崎北華湊 明子今戸心中自分自身自棄っ腹にんじん

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自棄の関連情報