牢籠(読み)ろうろう

精選版 日本国語大辞典「牢籠」の解説

ろう‐ろう ラウ‥【牢籠】

〘名〙
① とりこめること。ひとまとめに自分のものとすること。
※性霊集‐六(835頃)弘仁太上奉為桓武皇帝講御札法花経達一首「牢籠三界、綿絡四生」 〔淮南子‐本経訓〕
② 人前に出ないこと。勝手にひきこもること。
※小右記‐寛仁元年(1017)八月二一日「此間牢籠不御送
③ 作法に従わないこと。あわててとりみだすこと。
※小右記‐正暦六年(995)正月二日「左大臣追参於院〈乗車〉参議時光乗車、牢龍候院」
※源氏(1001‐14頃)若菜下「胸つぶれて、かかる折りのらうろうならずはえ参るまじく」
④ 正当でないこと。
※小右記‐長徳三年(997)七月五日「謂年号村上朝之年号、除目者冷泉院之除目、配代之冷泉院御宇耳、牢籠之詞」
⑤ 主権を犯され、自由を失うこと。
※東南院文書‐天喜四年(1056)二月二三日・散位藤原実遠所領譲状案「右、件所所先祖相伝領掌、老乱之間、或荒廃或牢籠」
※太平記(14C後)三三「故無く懸命の地を没収せられ、伯父甥共に牢籠(ラウロウ)の身と罷なる間」
⑥ 勢力が衰えること。窮乏・没落・流寓すること。
※明月記‐建久九年(1198)二月一九日「修理用途可七千疋歟〈略〉自上可三千疋之由被仰。上下牢籠之間、大略欲闕如
⑦ 籠絡すること。人をうまくまるめこむこと。
※青表紙一本源氏(1001‐14頃)藤袴「おほぞうの宮仕へのすぢに、らうろうせむ」 〔唐玄宗‐巡省途次上党旧宮賦〕
⑧ 牢屋に押し込めること。また、牢屋に押し込められること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「牢籠」の解説

ろう‐ろう〔ラウ‐〕【×牢籠】

引きこもること。勤務につかないこと。
「上卿皆以て辞退し―の間、自ら懈怠を致すなり」〈中右記・寛治七年一〇月〉
苦しみこまること。困窮すること。
「神主―の事ありて」〈著聞集・一〉
衰えること。落ちぶれること。
「仏法の衰微、王報の―、まさにこの時にあたれり」〈平家・四〉
自分の手中に入れ、自由に操ること。籠絡(ろうらく)すること。
「三界を―し、四生を綿絡して」〈性霊集・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android