コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牽牛子塚古墳 けんごしづかこふん

6件 の用語解説(牽牛子塚古墳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牽牛子塚古墳
けんごしづかこふん

「けごしづかこふん」ともいう。奈良県高市郡明日香村越にある7世紀頃の古墳。大きな凝灰岩をくりぬいた横穴式石室で,中壁により東西の2室に分れ,両方に棺台が作りつけられている。夾紵棺 (きょうちょかん) があったことが残存破片から推測される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けごしづかこふん【牽牛子塚古墳】

奈良県高市郡明日香村越の真弓丘にある飛鳥時代後半の古墳。石英安山岩(寺山石)の二段積みの切石で墳丘を飾る八角形墳である。墓室は凝灰岩の巨石をくり抜き,中央に間仕切り壁を設け,同寸の石室を2室つくる。両室とも長さ2.1m,幅1.2m,高さ1.3mで棺台をくり出す。天井はそれぞれ四隅に稜をもったドーム状に仕上げる。入口は二重の扉石で閉塞しており,内扉は凝灰岩,外扉はひとまわり大きい石英安山岩を使い,墓室との目地は漆喰で密封している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けんごしづかこふん【牽牛子塚古墳】

奈良県高市郡明日香村にある七世紀末期の古墳。八角形の墳丘を二段に築いたもの。横穴式石室は左右の二室に分かれ、それぞれ造り付けの棺床をもつ。けんごうしづか。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

あさがおづかこふん【牽牛子塚古墳】


奈良県高市郡明日香村越にある古墳。「けんごしづか」ともいう。明日香村と橿原市の境界に近い東西方向の尾根から南に向かって延びる支尾根の頂上に位置する。墳丘は自然地形を整えた部分と封土を盛り上げた部分があり、墳丘1段目は1辺12.2m、対角線(直径)約22m、墳丘2段目は1辺約7m、対角線の距離は約18.5m、高さ4.5m以上で、円墳というより八角形の古墳であることがわかった。1923年(大正12)に国の史跡に指定された。埋葬施設は凝灰岩の巨石を刳()り抜いた合葬用石室で、内部に棺台を作り付け、入り口は二重の扉石で封鎖。出土した遺物は人骨、夾紵棺(きょうちょかん)、亀甲形七宝金具、ガラス玉などで、終末期古墳のなかでも特異で、古墳全体にも最高の技術が駆使されている。奈良県立橿原考古学研究所附属博物館奈良文化財研究所飛鳥資料館に出土品を展示。近畿日本鉄道吉野線飛鳥駅から徒歩約15分。

けんごしづかこふん【牽牛子塚古墳】


牽牛子塚古墳(あさがおづかこふん)

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牽牛子塚古墳
けんごしづかこふん

奈良県高市(たかいち)郡明日香(あすか)村越(こし)の真弓丘にある飛鳥(あすか)時代後半の古墳。石英安山岩(寺山石)の二段積みの切り石で墳丘を飾る八角形墳である。墓室は凝灰岩の巨石を刳(く)り抜き、中央に間仕切り壁を設け、同寸の石室を2室つくる。両室とも長さ2.1メートル、幅1.2メートル、高さ1.3メートルで棺台を刳り出す。天井はそれぞれ四隅に稜(りょう)をもったドーム状に仕上げる。入口は二重の扉石で閉塞(へいそく)しており、内扉は凝灰岩、外扉は一回り大きい石英安山岩を使い、墓室との目地(めじ)は漆食(しっくい)で密封している。現在では盗掘のため、外扉石は大きく南に傾斜し、内扉も現地にない。二度の調査によって夾紵(きょうちょ)棺の破片が多数出土した。金銅製八花形座金具、七宝製亀甲(きっこう)形飾金具、銀線を通したガラス玉がある。墳丘、副葬品とも優品で、これを斉明(さいめい)天皇と間人(はしひと)皇女の合葬陵とする説がある。江戸時代「けんごうし」とよばれたこともある。[猪熊兼勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の牽牛子塚古墳の言及

【七宝】より

…その後衰えていたが,明・清代に盛んになり,乾隆時代には華麗な模様の花瓶などがつくられている。中国,朝鮮を経て日本では,正倉院宝物中に〈瑠璃鈿(るりでん)背十二稜鏡〉が残されるが,奈良県明日香村の牽牛子塚(けごしづか)古墳から出土した〈亀甲形七宝飾金具〉が最古の遺品であろう。これは朝鮮で新羅時代の芬皇(ふんこう)寺から発見された遺品ときわめて似ている。…

※「牽牛子塚古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

牽牛子塚古墳の関連キーワード奈良県高市郡明日香村阿部山奈良県高市郡明日香村雷奈良県高市郡明日香村越奈良県高市郡明日香村小山奈良県高市郡明日香村阪田奈良県高市郡明日香村島庄奈良県高市郡明日香村立部奈良県高市郡明日香村野口奈良県高市郡明日香村平田奈良県高市郡明日香村真弓

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牽牛子塚古墳の関連情報