狗奴国(くぬこく)(読み)くぬこく

  • 狗奴国

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

「くなこく」とも読む。弥生(やよい)時代後期に邪馬台(やまたい)国の南に位置した原始国家。『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』によれば、男王・卑弥弓呼(ひみここ)(素(そ))の支配のもとに官・狗古智卑狗(くこちひく)が置かれ、邪馬台国の支配に服せず独立国であった。狗奴国の位置は肥後(ひご)国(熊本県)球磨(くま)とする熊襲(くまそ)説が有力であるが、近畿熊野(くまの)や四国河野(かわの)、関東毛野(けぬ)説などがある。卑弥弓呼(素)については、熊襲説、彦御子(ひこみこ)説、比売語曽(ひめこそ)説がある。官・狗古智卑狗は、これを肥後国菊池郡の菊池彦(きくちひこ)にあてるほか、伊予(いよ)国(愛媛県)河野郷の子致彦(こちひこ)説、讃岐(さぬき)国(香川県)阿野郡甲智(かっち)郷説がある。

 狗奴国は248年、従来から対立していた女王国29か国連合と戦争、魏の調停により一時平和を回復したが、この間、邪馬台国の女王卑弥呼は死亡した。連合体組織の女王国と異なり男王権の確立した強力な軍事国家とする考えもある。

[井上幹夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android