コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猛安・謀克 もうあん・ぼうこく Meng-an Mou-ke; Mêng-an Mou-k`o

2件 の用語解説(猛安・謀克の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猛安・謀克
もうあん・ぼうこく
Meng-an Mou-ke; Mêng-an Mou-k`o

中国,の軍事・行政制度,また官名。女真語で猛安は千戸長,謀克は族長の意。建国前に女真の間に存在した部族的軍事制度の猛安・謀克を金建国の前年 (1114) に太祖 (→ワンヤンアクダ〈完顔阿骨打〉 ) が改正整備し,行政機能も与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猛安・謀克
もうあんぼうこく

中国、金王朝(1115~1234)の軍事および行政組織の単位、および統治者の呼称。金建国前の女真各部の首長は、平時には孛菫(ぼっきん)とよばれたが、戦時には軍事上の指導者となり、猛安または謀克とよばれた。猛安は千を意味する女真語ming-kan、謀克は里長や郷里を意味するmukeの音訳といわれる。金の太祖阿骨打(アクダ)は寧江(ねいこう)州の戦いののち、女真に古くからあった猛安・謀克制を金の兵制と定め、300戸を1謀克とし、1謀克から選ばれた兵で1謀克軍を編成し、10謀克をもって1猛安を組織した。猛安軍および謀克軍の指揮者も猛安・謀克とよばれた。金国の領土の拡大とともに東京道、上京道、中京道の女真人、奚(けい)人、契丹(きったん)人、渤海(ぼっかい)人などにも猛安・謀克制が施行された。太宗(在位1123~35)の末年から煕宗(きそう)(在位1135~49)の時代、多くの猛安・謀克戸が集団をなして華北の新占領地に移住させられた。彼らには土地と牛具が与えられ課税額も少なく優遇を受けたが、しだいに奢侈(しゃし)にふけり、生産から遊離して徒食し貧困化し、漢人との通婚も許されて血の純粋さも失われ弱体化した。1234年、金国がモンゴル軍に滅ぼされるとともに猛安・謀克制も崩壊した。[河内良弘]
『三上次男著『金史研究 一』(1972・中央公論美術出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猛安・謀克の関連キーワード郡国制女真文字都督軍事探偵百官名武官建州女真秋の行政相談週間春の行政相談週間行政制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone