コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶邑古窯址群(読み)すえむらこようしぐん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陶邑古窯址群
すえむらこようしぐん

大阪府大阪狭山市,堺市,和泉市岸和田市にわたり,狭山池の東方丘陵から西は久半田池の東方丘陵に及ぶ東西約 15km,南北約 9kmに及ぶ範囲に営まれた古墳時代から奈良時代にかけて須恵器を焼成した一大窯跡群。古く,東西陶器村と呼ばれた地域もこのなかに含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

陶邑古窯址群【すえむらこようしぐん】

大阪府堺市・和泉市・岸和田市・大阪狭山市の丘陵地帯に広がる国内最大の須恵器(すえき)窯跡群。1000基以上の窯跡が確認されている。5世紀前半に生産が開始,5―6世紀に最盛期をむかえ8世紀以降衰退する。1961年から行われた発掘調査によって,古墳時代の須恵器編年の全国的な基準が確立され,須恵器の製作技術,窯の構造,製品の流通などが明らかにされた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すえむらこようしぐん【陶邑古窯址群】

大阪南部の丘陵地帯に分布する須恵器窯跡群。大阪府南河内郡狭山町,堺市,和泉市,岸和田市にまたがる東西15km,南北9kmの範囲に,かつて1000基をこえる窯跡が遺存したと推測される((かま))。陶邑窯は古代日本の政治的中枢である大和に近いという条件もあり,須恵器生産の開始当初からその中心地として栄えた。陶邑窯の歴史は,三つの画期を境としてその消長を段階的にとらえることができる。I期は生産開始の5世紀中葉前後から6世紀初頭まで,II期は7世紀前半まで,III期を8世紀中葉までとし,以後をIV期とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の陶邑古窯址群の言及

【窯】より

…他地域では須恵器と併焼されている例が多い。 5世紀中ごろに伽耶,百済,新羅など朝鮮半島南部からの渡来工人によって生産の開始された須恵器は,日本で最初の高火度還元炎焼成による陶質土器であり,最古・最大の須恵器窯跡群として大阪府の陶邑(すえむら)古窯址群が著名である。窯は丘陵斜面に幅1.5~2m,長さ8~12mの細長い溝を掘り,すさ入り粘土で壁や天井をはった地下式の窖窯(不連続・横炎式)で,床面に傾斜をもつものと平たんなものと2種の形態がある。…

※「陶邑古窯址群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android