コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉箒 タマバハキ

3件 の用語解説(玉箒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たま‐ばはき【玉×箒】

《「たまははき」とも》
玉の飾りをつけたほうき。正月の初子(はつね)の日に蚕室を掃くのに用いた。
「初春の初子(ね)の今日の―手に取るからに揺らく玉の緒」〈・四四九三〉
ほうきを作る草の名。コウヤボウキホウキグサの古名という。
「―刈り来(こ)鎌麻呂(かままろ)むろの木と棗(なつめ)が本をかき掃かむため」〈・三八三〇〉
美しいほうき。〈日葡
憂いを払うほうきにたとえて、の異名。
「患(うれへ)を払ふ―、いかな大事も好物に」〈浄・妹背山

たま‐ぼうき〔‐ばうき〕【玉×箒】

たまばはき」に同じ。
「憂を掃う―と云う訳(わけ)かね」〈蘆花黒潮
タムラソウの別名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉箒
たまばはき

玉を飾り付けた箒(ほうき)で、蚕室(さんしつ)を掃くのに用いた。古代、中国の制に倣い、帝王が耕作をするのに用いる「辛鋤(からすき)」に対し、皇妃が養蚕をする意味を表すものとして、正月の初子(はつね)の日に飾ったのち、臣下に賜い、宴を開いた。この実物が現在正倉院に残っている。また、コウヤボウキ、ホウキグサ、タムラソウ、ハコネグサなどの植物の別名でもある。なお、「憂いを払うタマバワキ」といい、憂いを掃き除く意から酒の異名でもある。[藁科勝之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉箒の関連キーワード箱飾り御飾り玉帯玉の帯酒は憂いの玉箒縁飾り新玉の憂えを掃う玉帚玉の肌アタマハネ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉箒の関連情報