コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉前神社 タマサキジンジャ

百科事典マイペディアの解説

玉前神社【たまさきじんじゃ】

千葉県一宮町に鎮座。旧国幣中社。玉埼(たまさき)神(玉依姫(たまよりひめ)命)をまつる。延喜式内の名神大社とされ,上総(かずさ)国の一宮。例祭9月13日は上総裸祭(十二社祭)として有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

玉前(たまさき)神社

千葉県長生郡一宮町にある神社。創祀不明。祭神は玉依姫命(たまよりひめのみこと)。子授け、子宝縁結びなどで知られる。上総国一之宮。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

たまさきじんじゃ【玉前神社】

千葉県一宮いちのみや町にある神社。祭神は玉埼神たまさきのかみ(玉依姫命たまよりひめのみこと)。上総国の一の宮。9月13日の例祭に行われる裸祭りは有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉前神社
たまさきじんじゃ

千葉県長生(ちょうせい)郡一宮(いちのみや)町一宮に鎮座。玉埼神(たまさきのかみ)(玉依姫命(たまよりひめのみこと))を祀(まつ)る。例祭日は9月13日。延喜(えんぎ)の制では国幣の大社にして名神(みょうじん)に列し、のち上総(かずさ)国の一宮。とくに関東の武将の尊崇が厚く、源頼朝(よりとも)は妻政子(まさこ)のため安産を祈願した。1582年(天正10)安房(あわ)の豪族里見義頼は宮地を寄進し、91年には徳川家康が神田(しんでん)15石を寄進した。1871年(明治4)国幣中社に列した。例祭は上総はだか祭とも十二社祭とも称し、二基の神輿(みこし)が海岸に渡御して、付近11社の神輿と会合する古式である。社宝の梅樹双雀鏡は国の重要文化財、上総神楽(かぐら)といわれる神楽は県無形民俗文化財である。[沼部春友]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の玉前神社の言及

【一宮[町]】より

…九十九里浜南端に位置し,町域の西部に房総丘陵の末端がかかる。中心集落の一宮は丘陵と平地の境界にあり,上総国一宮玉前(たまさき)神社の鳥居前町として発展,近世には海産物と農産物が交易される市場町としてにぎわい,5・10の六斎市が開かれていた。また一宮藩の陣屋もおかれた。…

※「玉前神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玉前神社の関連キーワード千葉県長生郡一宮町一宮(町)裸祭り

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉前神社の関連情報