玉名(市)(読み)たまな

日本大百科全書(ニッポニカ)「玉名(市)」の解説

玉名(市)
たまな

熊本県北部、玉名地方にある市。1942年(昭和17)高瀬町と弥富(やとみ)村とが合併、玉名町と改称。1954年(昭和29)玉名、大浜、伊倉の3町と築山(つきやま)、滑石(なめいし)、豊水(とよみず)、八嘉(はっか)、梅林(ばいりん)、小田、玉名、石貫(いしぬき)、月瀬(つきぜ)の9村が合併して市制施行。のち1956年に南関(なんかん)町三ツ川地区を編入。合併により行政区域としての玉名郡下における中心性がいっそう高まったことから、市名を郡名にあやかった。2005年(平成17)玉名郡岱明町(たいめいまち)、天水町(てんすいまち)、横島町(よこしままち)を合併。市域は、北北東から南南西に流れ島原湾に注ぐ菊池川によって、ほぼ二分されている。同右岸から北西に広がる半域は、その北半を占める低山地系の小岱(しょうだい)山地と、南半の菊池平野に属する台地、低地(干拓地も含む)とからなる。また、同左岸から南東に広がる半域は、その東半を占める低山地系の米野(めの)山地、金峰(きんぽう)火山と、西半の菊池平野とからなる。山裾(やますそ)に立地する装飾古墳のなかには大陸との交流を示すものがあるが、この地の中心性を大きく高めたものは菊池川の本・支流の河港を利用した対明(みん)・清(しん)貿易、さらに城北米ほかの集散にかかわる廻船(かいせん)機能であった。従来、加藤清正(きよまさ)の菊池川掘替え工事(1605)によって伊倉の河港機能が、江戸後期における菊池川の土砂堆積(たいせき)によって高瀬の河港機能がそれぞれ衰え、大浜がこれらの機能を代替しながら発展したといわれている。その後(1986)、「信牌(しんはい) 長崎通商照票」の発見により、これらの河港は相互に機能分担を行っており、このことが、明治30年代前半までに河港を核にしたこれらの区域(高瀬、大浜、伊倉)に町制を施行させた遠因になっているということがわかった。南半市域の中央を東西に走るJR鹿児島本線(1891年開通)は、これら3町のうちでもとくに高瀬町の地位を高め、現市域の中枢機能を同地区ならびに西隣の岩崎地区(旧、弥富村の一部)に集積させてきた。その後、同線に併行する形で新たに建設された国道208号は、既成市街地の北延化を促すとともに、九州自動車道菊水インターチェンジとの間の取付道路の完成によって、沿道の工業化(印刷、電機、食品ほか)も進展している(1963年新産業都市指定)。ほかに国道501号が海岸部を走る。2011年には、鹿児島本線玉名駅の北東約3キロメートルに、九州新幹線新玉名駅が開業した。とはいえ、産業の中心はなお農業(米麦、ミカン、葉タバコ)と水産業(アサリ、ノリ養殖)で、ハウス園芸(イチゴ、トマト、ブドウ、メロンほか)の導入も著しい。小岱山、菊池川を中心にした自然景勝、数多い横穴古墳(石貫穴観音横穴(いしぬきあなかんのんよこあな)など)、民俗行事(練嫁(ねりよめ)祭り、猪喰(ししく)い祭り)、玉名温泉(旧、立願寺(りゅうがんじ)温泉)などの観光資源がある。面積152.60平方キロメートル、人口6万6782(2015)。

[山口守人]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android