コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生産生態学 せいさんせいたいがく production ecology

1件 の用語解説(生産生態学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生産生態学
せいさんせいたいがく
production ecology

生物生産を研究対象とする生態学の一分野。生物生産とは生物の物質量の増量をいい,自己の体の増量すなわち成長と,子孫を生み出していく増殖とに大別できる。初期の生産生態学は,植物群集での光合成に基づく生産をおもな研究対象としていたが,その後,複雑な生態系内での生産関係全体を視野に収めるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の生産生態学の言及

【生態学】より

…そして陸上群集へも逆輸入され,群集は物質系としての生態系の生物部分であるとする見方へと発展するが,これは地球上の物質循環を主題とする地球化学にむしろ近いものである。なお,この湖沼学などから,有機物生産を指標として,生物の生態を明らかにしようとする生産生態学も1950年ころから生じたが,これは生態系の研究とはまったく別のアプローチである。
[個体群生態学の発展]
 エルトンの(1)の側面は,これも19世紀からすでに存在していた人口学,害虫学,水産学での個体数の研究に引き継がれることになったが,その発展は1920年代に始まり,群集の研究とはまったく別個に進んだ。…

※「生産生態学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生産生態学の関連キーワード一般心理学群集生態学細菌学社会形態学生態学婦人科保険学日本語学微生物学生態学的研究

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone