コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田能遺跡 たのういせき

4件 の用語解説(田能遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田能遺跡
たのういせき

兵庫県尼崎市田能にある弥生時代から古墳時代の低地遺跡。 1965年以降の調査で,住居址,木棺墓,土壙墓甕棺墓,方形周溝墓や多数の遺物が発見された。特に木棺墓から碧玉製管玉,銅釧が発見されたり,土壙から銅剣の鋳型片が出土していることは注目に値する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田能遺跡【たのういせき】

兵庫県の尼崎市田能と伊丹市にまたがる弥生(やよい)時代の遺跡(史跡)。1965年発見・調査され,木棺墓8を含む17基の墓,住居跡のほか,弥生前〜後期の土器多数,銅剣鋳型,白銅製腕輪などの金属器,石庖丁,磨製石斧(せきふ)などの石器,玉類,木器が出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

国指定史跡ガイドの解説

たのいせき【田能遺跡】


兵庫県尼崎市田能、伊丹市岩屋にある弥生時代の住居跡および墓地跡。1965年(昭和40)に発見され、約1年にわたる発掘調査の結果、低地に営まれた竪穴(たてあな)住居跡などのほか、木棺墓・壺棺墓が多数発見された。遺跡は西摂平野の標高約7mの猪名(いな)川旧河道に近接して立地し、範囲は東西115m、南北120m以上。弥生時代の遺構のうち、中期の竪穴円形住居跡は4軒で、柱穴状の小穴が無数にあったことから、中期の掘立柱建物が併存したと推定され、近畿地方における弥生時代の埋葬状況を明らかにするうえで学術上きわめて価値が高いことから、1969年(昭和44)に国の史跡に指定された。その後、遺跡は高床倉庫、住居、墳墓などが立体復元され、学生たちの学習や市民の憩いの場として親しまれている。現地には尼崎市立田能資料館もあり、出土遺物を展示している。阪急電鉄神戸線園田駅から阪急バス「田能口」下車、徒歩約15分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田能遺跡
たのういせき

兵庫県尼崎(あまがさき)市田能、猪名(いな)川左岸に接した標高6メートルの沖積地にある弥生(やよい)時代から古墳時代の集落遺跡。1965年(昭和40)工事中に発見され、1年間の発掘調査により、東西110メートル、南北120メートル以上の広がりをもつことが判明した。円形平地式住居、竪穴(たてあな)式住居、溝、土壙(どこう)のほか、全域にわたって柱穴状の小孔が検出されたが性格は不明。遺跡の南部には、土器棺墓(どきかんぼ)、木蓋(もくがい)土壙墓、木棺墓、方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)など各種の墓19基がつくられ墓域を形成していた。木棺墓のうち二基の被葬者は白銅製腕輪、碧玉(へきぎょく)製首飾りを着装して埋葬されるなど、この時期の墓制、集落と墓域を解明する重要な遺跡である。銅剣鋳型も出土。69年国の史跡に指定、保存整備されている。[福井英治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田能遺跡の関連キーワード兵庫県尼崎市今福兵庫県伊丹市岩屋兵庫県尼崎市北城内兵庫県尼崎市食満兵庫県尼崎市潮江兵庫県尼崎市椎堂兵庫県尼崎市田能兵庫県尼崎市寺町兵庫県尼崎市浜兵庫県尼崎市弥生ケ丘町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone