田舎館村(読み)いなかだて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田舎館〔村〕
いなかだて

青森県西部,津軽平野南部の村。 1889年豊蒔 (とよまき) ,大根子 (おおねこ) ,諏訪堂 (すわどう) ,大曲 (おおまがり) ,畑中,八反田 (はったんだ) ,垂柳 (たれやなぎ) ,枝川,高樋 (たかひ) ,十二川原 (じゅうにかわら) の 10村と合体。さらに 1955年光田寺 (こうでんじ) 村と合体。米が中心であるが,養豚,野菜栽培も行う。弥生時代の水田跡で知られる垂柳遺跡は,史跡に指定されている。面積 22.35km2。人口 7783(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田舎館村の関連情報