コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田霧姫命/多紀理毘売命 タキリビメノミコト

3件 の用語解説(田霧姫命/多紀理毘売命の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たきりびめ‐の‐みこと【田霧姫命/多紀理毘売命】

日本神話で、天照大神素戔嗚尊(すさのおのみこと)との誓約(うけい)のときに、素戔嗚尊の剣から生まれた三女神の一。福岡県の宗像(むなかた)大社の祭神で、沖津宮に鎮座するとされる。田心姫(たごりひめ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田霧姫命 たぎりひめのみこと

記・紀にみえる女神。
素戔嗚尊(すさのおのみこと)と天照大神(あまてらすおおみかみ)が高天原(たかまがはら)で誓約(うけい)をした際,天真名井(あめのまない)の水滴の中から生まれた宗像(むなかた)三神の一神。福岡県玄海町の宗像大社の沖津宮にまつられる。「古事記」では多紀理毘売命。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たきりびめのみこと【田霧姫命】

日本神話にみえる神の名。宗像(むなかた)神社の祭神の一つ。《古事記》天安河(あめのやすのかわ)の誓約(うけい)の神話において,天照大神(あまてらすおおかみ)が須佐之男命(素戔嗚尊)の剣を嚙み砕いて霧のように吐き出した息吹きから生まれたという3女神の一つで,多紀理毘売命と記される。《日本書紀》本文では〈田心姫(たこりひめ)〉と記す。〈コリ〉はキリの交替形で〈タ〉は田と関係するか。玄界灘にある沖島に坐(いま)すところから瀛津嶋姫(おきつしまひめ)命ともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田霧姫命/多紀理毘売命の関連キーワード宗像市宗像むなかた櫛明玉神宗像氏男宗像氏国宗像氏続宗像氏弘宗像興氏弓削豊穂

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone