コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田霧姫命/多紀理毘売命 タキリビメノミコト

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田霧姫命 たぎりひめのみこと

記・紀にみえる女神。
素戔嗚尊(すさのおのみこと)と天照大神(あまてらすおおみかみ)が高天原(たかまがはら)で誓約(うけい)をした際,天真名井(あめのまない)の水滴の中から生まれた宗像(むなかた)三神の一神。福岡県玄海町の宗像大社の沖津宮にまつられる。「古事記」では多紀理毘売命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たきりびめのみこと【田霧姫命】

日本神話にみえる神の名。宗像(むなかた)神社の祭神の一つ。《古事記》天安河(あめのやすのかわ)の誓約(うけい)の神話において,天照大神(あまてらすおおかみ)が須佐之男命(素戔嗚尊)の剣を嚙み砕いて霧のように吐き出した息吹きから生まれたという3女神の一つで,多紀理毘売命と記される。《日本書紀》本文では〈田心姫(たこりひめ)〉と記す。〈コリ〉はキリの交替形で〈タ〉は田と関係するか。玄界灘にある沖島に坐(いま)すところから瀛津嶋姫(おきつしまひめ)命ともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

田霧姫命/多紀理毘売命の関連キーワード味耜高彦根神二荒山神社湍津姫命田島神社田心姫命宗像神

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android